三代目の控え室談義

2011年04月10日 免許の更新について

先日、免許の更新がありまして、、、
残念なことに、私は違反者の「C」講習。。。

曲がってはイケない交差点を曲がったとか、、、
一方通行とかではなく、よく解らない違反でした。

無知って恐ろしいですね、私、その交差点を何年も曲がっていましたし
他の車の方も曲がっていたので、ビックリのことでした。

まぁ違反は違反。

確かに言われてみれば解りにくいところに標識が立っていました…。
反省し、今はその交差点を使っておりません。


で、まぁ違反した話は置いておいて。

その違反者講習を受けに行ってたわけですが。
私、なんだか教官(?)の方に目を付けられてしまったようで(笑)

突然、40人くらいの受講者の前で注意と質問を受けることに。


なぜかと言いますと、私、教官が話す

「徳島県の死亡率が全国ワースト2位」

とか

「飲酒運転の検挙数」

とか

「飲酒運転と死亡者数の増減や相関」

に、興味を持ったり、おかしいと感じたり、へ〜と感じたりして
電卓をカバンから取り出し、手元の資料や、教官の話す数字をメモして

自分なりの分析をしておったわけです。

何か、自分に引っかかることがあったら、とりあえず思考しないと落ち着かない性格で
そのためには書きだしたり、数字で現わしたりするのが私なりの、理解術なんです。


で、その行為を、別の事をしていると勘違いした教官から
注意と質問が飛んできたわけです…。

で、ちょっと高圧的な言い方に、私も大人げなく少し腹が立ち
数字を並べて、自分なりの分析をピシっと述べさせてもらいました。

そこで、教官も、別の事をしていたのではなく、聞いてくれてたんだと
理解してくださったようで。

「すまん!!」

と、一言。

ここで、キチンと謝ることが出来る教官は、やはり大人ですね。
こちらこそ、疑わしいことをしてすみませんでしたです…。


ただ、寝ている人には注意しないのは何でですかね。

寝ていたら動かないけど、私はちゃかちゃかと目に入って
うっとしかったんですかね(?)

まぁ一般的に、免許の違反者講習に全力で聞いて考えて挑む人はいないかなとも思うし。
メモを取ったりする人はマレなんでしょう。

何とも、趣のある体験でした。


あと、交通事故で人生が狂ってしまうビデオを見るのですが、これも毎回感じていることで
仕事もクビになり、慰謝料を払い、生活が苦しくなり奥さんがラーメン屋で働いてアルバイトをする。

このストーリー構成のかなに「ラーメン屋=生活の苦しい人がやりたくもないのにする仕事」
という意味合いが見てとれますし、国が作ったVTRということは国民の大多数が理解できる
不幸のメタファーとして、ラーメン屋という職がいつも出てくることに違和感を覚えます(ウザ・笑)

まぁ、いいですけどね。

てなことで、色々と勉強になった免許更新でした^^
posted by 三代目大将 at 11:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ふと思ったことを書きました。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。