三代目の控え室談義

2011年04月12日 今週の読んでみました。

 

『君がオヤジになる前に』 堀江貴文著

言わずと知れた、ホリエモンこと堀江貴文氏の著書。

この本では、思考停止状態に陥って、何も考えることなく生活をしている状態を「オヤジ」と定義し
そのような、状態に陥ってしまう前に、また、そう成らないように、こうしている、こうしていこう!!

と、堀江氏独自の考え方を持って、対策を論じています。


時間を限りがあるものと捉え、死ぬこと以外、恐れることはない。
と言う基本軸をもとに、日々生活をしている様子がつづられています。

彼が言うには「ゆとり」なんてない。常に、情報をシャワーを浴びるように得る環境を作り
常に全力で、頭の中は思考で満たされているとのことです。

文面より、いくつか面白かった言葉をピックアップすると…


アイデアよりも圧倒的に大事なのは実行力だ。スピードが落ちるということは人生を後ろに巻き戻すに等しい。


できれば、結婚後も女の子おは遊び続けてほしい。
モテる必要がないという考え方はマズイ。


自分より情報感度が鈍い人を探して売りつければいい。
情報を持つ者が、持たない者にものを売るほど楽なことはない。世の中のヒット商品はたいてい、この構図で売れている。
モバゲータウンにビジネスマンは少なく、メインは中高生やホスト、キャバ嬢など情報リテラシーが高くない層。彼らは時間が貴重だという認識が低い。余った時間に手軽に楽しめる方法を探している。そのビジネスモデルは多岐にわたるが、いわば、情報弱者からの搾取の構造に拠っている。。


安住の場所を作らず、命を捨てず、世界最高峰を目指す。
これが僕の考え得る、もっとも充実した人生だ。




結婚後も女の子と遊んでほしいといのは、最近、入籍した私には、心強いお言葉です(笑)


また、後半では、私もファンですが漫画家の福本伸行氏との対談もあり。
これも、私が購入したきっかけです。(代表作は『アカギ』『天』『カイジ』など)

ここでの、教育に関する話題は、私と同じような考え方で
日本でビジネスを教えない理由を問う堀江氏に福本氏はこう言ってます。

成功する生き方よりも、成功した人間のイイ部下になる方法を教えた方が何かと都合かいいからじゃないの

私も、そう思います。


また、堀江氏は、今まで一人で突っ走ってきて、着いて来ることが出来ない仲間は置き去りにしてきた。
それが、彼の為でもあり、自分の為でもあり、それで成功してきたのに、世の中では、これと真逆でも
成功している、経営者の方や、ロックバンドなどなどが存在する。それをこのように言ってます。

でも、利益を仲間に分け与えるのが当然というのはちょっと違う気がするんですよね。昔からの関係を保ちつつ、対価のない分配を施すのって、そもそも何が楽しいんでしょう?



これに対し福本氏は

チームに属していることで、ある意味、リスクとプレッシャーの分散になっている。


なるほど。
な、考え方です。


共感できない部分も多かったですが、新しい考え方にも触れることが出来。
なかなか満足のいく一冊でした。
posted by 三代目大将 at 12:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読んでみました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。