三代目の控え室談義

2015年10月02日 【振り返りブログ】過去の英知を未来に。

特に知りたいことも、聞きたいことも無いかもしれませんが、、、

2015年も残り3ヶ月をきったことですし、また徳島JCで担当させてもらった
「とくしまシンボルパーク」事業も終わったことですので

今年に入ってから書こうと思って書けなかった、出会った人、出会いに行った人
また「実は〜」的なこと、こんな人やモノ、アドバイスに助けられたこと
さらには学んだこと気づいたこと、お叱りを受けたことなどなどを

残り3ヶ月のブログで、ある種のシリーズとして書き留めておこうと思います。

ま、年末までですのでお付き合いいただければと思います。


今日は、読んだ本のお話でも。

_MG_6037.jpg

今年も、例年よりは読んだ本の数は少なかったですが、切らすことなく色々と読みました。
本は、誰かが言ってましたが「成功者の人生を1500円で、しかも数時間で買うことができる」
そうで、その教えに沿って、時間があるなしに関わらずなるべく本は読む習慣を続けています。

この本、私が高校生のときに買った本でして
未だに何か困ったことがあると手に取ることがあります。

新しい本ばかりではなく、こうやって過去読んだ本を引っ張り出すことも多々。
特に、人生を変えた本は、今でもちょくちょく読み直します。

そのたびに、新たな発見があり面白いもんです。

さて、この中国武将列伝、別に中国武将が好きでも、三国志が好きでもありませんが
著者である田中芳樹氏のファンでして、高校生当時、田中氏の著書である
「銀河英雄伝説」に劇ハマリ中で、同じ著者ということで手にとったのが始まりです。

まぁ、内容はタイトル通り、中国の春秋戦国時代から清王朝滅亡までに著者が選んだ
活躍した武将99人についてのエピソードが書かれています。

私は、歴史に学ぶのが基本姿勢としてあり、色々な英雄のエピソードを知ることで
あのとき彼はこう考えた、こんなピンチのとき彼はこんな行動をした
と、今目の前の課題解決の一助とすることが多いです。

この1年、色々と課題がありましたが、私の下した決断や、行い、行動のベースには
中国の英雄たちの英知が少なからず活かされていたと言えるのでしょうね(笑)

これが、歴史の面白さだと常々感じています。


と、まぁこんな感じで、振り返りシリーズ年末までちょいちょい書いていこうと思っています。
基本、書くネタが無いときに書いていると思ってくれてかまいませんが、お付き合いお願いいたします(笑)
posted by 三代目大将 at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ふと思ったことを書きました。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。