三代目の控え室談義

2017年05月01日 1ヶ月、娘に”ほっめいし”を書いてみてわかったこと。

4月初めころに「”ほっめいし”を娘に毎日書く!」と、宣言しました。

今日から5月ということで、4月中、毎日娘に読んで渡していました
”ほっめいし”を保管箱から出してきて並べてみました^^

DSCF2136-Edit-3.jpg

いちかさんも思わず”にっこり”😃

DSCF2124-2.jpg

これで愛情を測るわけではないですが、1つの表現として
ちゃんと結果が見えるのが嬉しいですね。

DSCF2118-1.jpg

書いている内容は、まとめれば

・1日、元気でいてくれたことへの感謝
・今日、娘が出来たことの事実と、それに対するプラスの感情

の、2つだけです。

1ヶ月続けてみて、分かったことは「前より娘が好きになったこと(笑)」もありますが
娘の方も、私のことを好きになってくれている感覚があります。(勘違いではないと信じたい)

と、言うのもありますが嫁さんからの報告では

・トイレトレーニングでブレイクスルーが起きた
・片付けを自分からするようになった
・1日の出来たこと、嬉しかったことを報告してくれる

こと多くなったそうです。

特に、トイレトレーニングに関しては、毎日のように失敗したことよりも
成功した事実を書き、その事実に対して、嬉しいことを伝えました。

また、失敗したときも、チャレンジしようとした姿勢(事実)を書き
その姿勢に対して、嬉しいこと、頑張っていることを伝えました。

出来事は「事実+解釈」で、構成されていますので、この場合は

トイレチャレンジしたけど失敗した+パパがチャレンジしたことを褒めてくれて嬉しい

と、言う出来事として、娘には記憶されていると思います。

失敗した事実に対して、どんな解釈を与えるかは本人次第です。

失敗に臆することなく、挑戦する子どもであって欲しいので
「嬉しい」「楽しい」という解釈を私は与えるようにしています。

失敗の回数が多いほど、成功へのスピードは速くなることは、様々な世界で言われているこであり
これからの人生に於いて、失敗を前向きに捉えて成長してほしいと思っています。

そのお陰か「娘が何でも遣りたがって困る!(笑)」と、嫁さんから報告が…。
そして色々なことを楽しく話してくれるようになったそうです^^


「ほめ育」は、「ほめる」だけではありません。

目的が「ほめる」ことでもありません。

「ほめ」っぱなしでもありません。


そんな「ほめ方」に触れることが出来る
「ほめ育ランチ会」ですが残り1となりました!!

ランチをしながら皆でワイワイ♪

”ほめ育”を体験できる!ランチ会を開催いたします^^

ほめいくランチ会.jpg

「ほめる」って何?なんて難しいことを考えずに、とにかく食事をしながら
皆で楽しい時間を過ごしつつ「ほめる」ことに触れる機会になればいいなと考えております。

今回、ほめ育財団大阪校より4名の、日頃「ほめ育」を実践されている
方々にもお越しいただくことになりました。

職場や家庭で実践され、その大きな効果を実感されている方々ばかりです。

また、弊社からも”顔出しNGのbQ”三木マネージャーも参加し
現在、社内や家庭で行っている「ほめ育」に関してのみならず
様々なことをお話ししていただきます。

途中参加、途中退席OKです!

私は「日本中の家庭での言葉をプラスに変えたい」という想いで、この取り組みを行っています!
親から子供への言葉が”プラス発信”になれば、日本の未来も明るいと思っています♪

一緒に、”ほめる”ことはもちろん、”ほめられる”ことを体感しませんか!

申し込みはコチラ!

こちらより「ほめ育ランチ会参加希望」の旨をお伝えください!

また、facebookイベントページもございます^^

どちらからでもご応募可能です♪

*********************************************

日時:5月11日(木)

開場:11:00
開始:11:30
終了:14:30
※途中参加途中退席可

会場:Realas Studioリアラススタジオ

住所:徳島県徳島市川内町竹須賀161

会費:2000円(食事代込)
定員:10名
※残り1席

主催:有限会社三八

問合せ:088−678−7638
メール:info@e-sampa.net

*********************************************

posted by 三代目大将 at 12:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ふと思ったことを書きました。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする