三代目の控え室談義

2008年06月24日 中国武将列伝 下巻

 4120026450.09.MZZZZZZZ.jpg

先週に続いて下巻のレヴューです。

上巻、下巻通じて、99人の中国の武将についての
エピソードを実に面白い描写で田中氏は描かれています。

そして、中国の武将と言えば三国志
という日本人の偏った見方を田中氏はおかしい
と警鐘をならしています。

ほんの一時代を見ただけでは確かにわかりませんね。
私も、この本を読むまでは中国の武将で知っている人は
三国時代を除けばダレもいませんでした。

歴史を通して見るという行為は、人間を知ると言う事。
色々な、たくさんの人々の交わり、別れ、繋がり
かかわりによって、今現在の私がいる。

そういうロマンに駆り立てられるシリーズです
posted by 三代目大将 at 17:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読んでみました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック