三代目の控え室談義

2011年05月31日 今週の読んでみました。

 


「一瞬で売れる!買わせる!キャッチコピーの作り方」 加納裕泰著


普通にいい物でも、そのまま並べたり、そのまま提供していても

売ることが難しい昨今。

いかに、お客様に買っていただくことができるのか?
また、お客様に選んでいただくことができるのか?

その、ひとつの手法としてキャッチコピーがあると思います。


ニュースレターの勉強会などをしていて、鳴門の化粧品専門店『ひかりや』さんの
ニュースレターから、いろんな事例を見ることがあるのですが

細かくターゲットを絞り込んで、その人に向かって言葉を投げかけている

わけです。

一言で、お客様が目を留めて、さらにそこから読み行ってくれる。
まず、お客様の目を留めることが出来ないようでは、そこから先は無い。

この基本を忠実に守って『ひかりや』さんのニュースレターは作られています。


本誌でも、店内の広告や折込チラシ、ニュースレター、自作のCM、新聞や雑誌の紙面
などなど、色々な媒体でのキャッチコピーの作り方を示してくれています。

ま、キャッチコピーの骨組みや、成り立ちの考え方がメインで
手取り足取り作るノウハウという感じではないですけど
参考になりました。


ちなみに、私が「グッと」きキャッチコピーをいくつか…。


24時間戦えますか?(リゲイン)

ものより思い出(NISSANセレナ)

チカン!アカン!(大阪地下鉄)

100人乗っても大丈夫!(イナバ物置)

あなたは、あなたでいいのだ(AC)

愛しいてるなら0.1mm離れて(コンドーム)


上手いこと言いますなぁ〜。
posted by 三代目大将 at 08:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読んでみました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。