三代目の控え室談義

2013年01月18日 めんどくさいトレーニング。

あやうくブログ書くの忘れるところでしたあせあせ(飛び散る汗)

最近、ずっと店舗にて、社員候補さんを中心にトレーニングを行っております。

今日も、四国サミットの今年最初の定例会なのですが
伊澤店長と大島編集著に、お任せをして

私は田宮店で閉店までガッツリと現場仕事です。


明日からも、青年会議所の京都会議なのですが

お昼に京都にて今年度の青少年事業の打ち合わせがあり
そこ出席をしたら、直ぐさま徳島に帰って現場にてお仕事ですダッシュ(走り出すさま)


こんな感じで、私が、朝から晩まで現場に張り付いて
本気でスタッフたちと向き合ってお店作り、会社作りをしていってます。

まぁ、スタッフたちにしたら、うっとおしいでしょうね(笑)

で、トレーニングの中で、気になることがあるのですが
若い人に多い傾向で「直ぐに答えを求める」ことが多いように思われます。

「じゃぁ、どうすれば良かったのですか?」

こんな感じですね。


そんなとき、私が言うのは、、、

「どうすれば良かったと思う?」

です。


メンドクサ!!!!

って思いますが、ここで簡単に答えを与えても、半分も身につけば良い方だと思います。

間違っていたとしても、自分なりに考えて、答えを出して、検証して
失敗を繰り返しながら得た経験や知識は、一生ものに成りえます。

ですが、人から簡単に与えられた知識や答えは、残りません。


だから、遠回りでも、時間がかかるように思っても、メンドクサクテモ
スタッフたちのこから、答えを聞きます。

試験前に詰め込んだ数学や物理の公式をいくつ覚えていますか?

でも、興味を持って、その公式に至る証明の道筋を理解していれば
公式を覚えていなくても、自力で解くことができます。


これと同じで、その場だけでの答えは、その場だけ。
同じ失敗を何度でも繰り返す傾向に陥りやすいです。


今やっていることが、結果となるのは、まだ少し先だと思いますが
目標を持って、頑張っていきたいと思います ^−^

とりあえず、最近、自分自身が、メンドクサイ男だと改めて感じています(笑)
posted by 三代目大将 at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ふと思ったことを書きました。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。