三代目の控え室談義

2013年08月23日 鳴門LOVE!!今年の「鳴門でNARUTOだってばよ!」も最高でした!!


夏の忙しい時期も少しずつ落ち着いてきましたので
8月上旬からの出来事を振り返りながら記事をかこうと思います。

毎年のことながら、8月上旬からお盆が終るこの時期までのブログは本当にテキトーで
よく見てくれてくださっているという取引先の方々からも

「どうしたんですか?アツい記事が少ないですよね?」

なんて、厳しい意見をもらったりもしています・笑

アツい想いは持って日々取り組んではおりますが長いブログだと半日かかけて
書くときもあるので
この時期は、その余裕が取れないんですね。

まだまだ修行が足りません(><)
もっと時間も身体も使えるように日々精進です!!


さて、8月7日以降の出来事でやはり特筆すべきは
8月11日の鳴門市阿波踊りと
人気アニメ「NARUTO疾風伝」とのコラボ企画「鳴門でNARUTOだってばよ!」
ですね。

これに先立つ7月27日の鳴門市納涼市には
徳島JC青少年事業の関係で参加できませんでしたので

私にとってNARUTOの夏!鳴門の仲間と過ごせる夏はこの1日!

この数時間だけでした。


2010年からの企画ですが、今年はスタンプラリー在り、ラッピングバス在り
一楽ラーメン三八ve在り
そしてNARUTOレイヤー陣によるNARUTO連在り!!

1079388_178177605698005_1730922802_n.jpg

1082379_178177599031339_1531195034_n.jpg

1080937_178177595698006_1024877200_n.jpg
私も、毎年のことながら、NARUTOコスプレレイヤー陣の一人として参加させてもらいました。

999702_491845884223161_437084676_n.jpg

1146551_491845844223165_1226042043_n.jpg
今年は、NARUTOの大ファンであるという三八の元スタッフの葵ちゃんが
テンテンとして参加してくれました^−^
彼女は、阿波踊りをしているということと、3年連続で初回から「鳴門でNARUTOだってばよ!」
に来てくれているということでスカウトしてきました!!


「どう?楽しかった?」などと話をしながら帰ったのですが
「すっごく楽しかった!来年もしたいです!」と言うてくれました。


帰り道ほど寂しいことはなく、この衣装を着て、鳴門の仲間と一緒にいたいと強く思います。


今回、鳴門でNARUTOに参加していてお客さんに言うてもらい嬉しかったことが2つあります。

1つは

「チョウジ(私の役)ラーメン屋らしいぜ!美味しかったよ!」

と、言うことで、ブログやtwitter、facebookなどで情報を見て来てくれているんでしょうね。
こうやって足を運んで、ラーメンも食べてくれるのは嬉しい限りです。


もう1つは、こっちの方が嬉しかったんですけど

「皆さん、どこから来られているんですか?」

「その辺の、お店の主です。」

「え〜〜!!!」

この、やり取りです・笑

あまりにもクオリティが高いので、どこからかプロ集団が来ていると思ったんでしょうね・笑

でも、まぎれもなく、その辺の、家具屋やラーメン屋やカバン屋や電気屋さんの主達です。
地元鳴門のおっさん、ねーちゃん達です。

鳴門の化粧品専門店「ひかりや」さんのメイク技術と情熱もさることながら
衣装も商工会議所職員の奥様の手作りのクオリティ

そして、演じるレイヤーの皆の拘りですよね!!

そこを感じてもらえたように感じ、嬉しかったんです。

1097337_178177589031340_1444746409_n.jpg

来年も出来るのかどうかは今のところ分かりませんが
出来ることなら来年も袖を通したいですね。


私は、高校の時に、鳴門市内の高校に通わず、徳島市内の高校に行きました。

理由は、同じコミュニティでずっと過ごしたくなかったり
環境を変えたかったりとカッコいいことは言えますが

つまるところ、鳴門が田舎で嫌いだったんです。

そして、大学進学を決めるときも、絶対に県外に!
しかも大阪か東京といった都会に!!

と言う考えで志望校を決め受験をしました。

このときも、何にもない徳島が嫌いで、恥ずかしくて仕方なかった。

でも、ひょんなことから徳島に帰って来ることなり
幸いにも会社の後を継がせてもらって分かったこと。

何にもないと思っていたのは
私が、何にもないと思い込んでいたから。


大学に行けたのも、私の両親が一生懸命働いてくれたから
そしてお客さんが三八に足を運んでくれたから。

 
今では、鳴門生まれに鳴門育ちに誇りを持っていますし
私のアイデンティティは鳴門に在ります。


企業でも、地域でも同じだと思うんですが

どこに住むか?何をするか?って表面的には重要そうに見えますが
やっぱり「誰と」の部分がもっと重要なんだと思います。

鳴門が大好きな理由は、そこに私の大好きな人たちや、大切な人たちが生活を営んでいるから。

531874_521298731271820_1211691934_n (1).jpg
毎年、このかけがえのない「絆」を感じさせてくださる、この祭りに感謝です。

1170797_491823214225428_367678236_n.jpg

来年も出来たらいいですね。

posted by 三代目大将 at 09:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門、ナルト、NARUTO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック