三代目の控え室談義

2014年01月19日 PC98

今朝、母と豚骨の仕入れに関して話をしていたとき
どうやら分かりにくそうで、内容を整理しきれてなかったので

さっさと一瞬でエクセルで表作って渡してみたところ
エラク、関心しておりました。

思えば、PCに関しては、私は友達の影響で高校に上がるや否やPCを買ってもらい
毎日、エ○げーに夢中になり…と、言うのは冗談で、PCの世界にのめり込んだものでした。

最初に使っていたPCは、確か、NECのPC−9821だったかな。

pc9821.JPG

ネットから探してみたけど、、、、
確か、こんな感じのデスクトップで兎に角重かった、、、重量がね。

当時、インターネットではなく、パソコン通信の時代で、フロッピーが主流の時代
USBで接続できるわけではなく、SCSIやパラレルでプリンタやスキャナを接続したり

大学では、始めて自作に挑戦し、マシンを組上げたり。

当時の大学では、今は、間違いなくデータやプリントアウトによるレポート提出でしょうが
手書きとワープロ両方OKでした。で、、手書きの方が圧倒的に多かった時代。

今、思えば、PCマニアでよかったな〜と、今朝、つくづく思った。
と、言うお話です。
posted by 三代目大将 at 13:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ふと思ったことを書きました。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。