三代目の控え室談義

2014年06月10日 【読んでみました!】【リーダー・上司の】「最高のチーム」をつくるシンプルな仕掛け - やる気に火をつけ行動する集団に変える47の秘訣

最近、本を読み漁っております。
昨年は、ほとんど読むことが出来ませんでしたので
知識に関していえばアウトプットしきってしまったのかもしれません。

何ていうか、貯金を使い果たしたというか。

新たなステージに移っていくためには、また新たなインプットが必要だと考え
知識や経験をまた詰め込んでいこうと考えるようになりました。
普通に本を買って読む場合もありますが、店舗間の移動中の時間が勿体無いと
思うようになってきてからはオーディオブックも併用しています。

当ブログのオールドファンの方ならご存知かと思いますが
数年間にわたり、1週間に1冊を自らに課し続けていました。

より多くの質の高いアウトプットが出来るようになるためにも
「質」はいったん置いておいて、たくさん「量」を自らに浴びせかけ
その中から「質」の見極めが出来るナイスミドルを目指します!



と、いうことで人生は初のオーディオブックが、この本でした。

 

【リーダー・上司の】「最高のチーム」をつくるシンプルな仕掛け
- やる気に火をつけ行動する集団に変える47の秘訣

黒岩 禅 著


仕事はチームで行うものだと常々考えております。

つまりは「人」と「人」の係わり合いこそが仕事でのキーポイントとなってくる
そう、捕らえてさまざまな試みを行ってまいりました。

上手くいったこと、上手くいかなかったことありますが

思うに、簡単に言えば、上手くいったときは「行動を」起こせたからで
上手くいかなかったときは「行動を」起こせなかったからだと感じます。

なぜなら、行動計画を立案した時点では、そこに書かれたことを愚直に邁進すれば
成功や達成は目に見えています。

でも、それを私自身がチームメンバーにやらせきることが出来ない。

それは、なぜか?

と、いう疑問から「行動」に関する本をいくつか読み漁りました。


本書では「北風のマネジメント」と「太陽のマネジメント」という言葉を用い
メンバーたち自らが、動き出す仕組みについて、著者が実際に経験体験してきた
取り組みを体系化し、つづっております。

いくつかあるなかで、実際に実践していることを書けば

・メモにフルネームで漢字で名前を書く

意外と、社員全員、アルバイトなど、書けないものですね、、、。
今、給料明細でみんなの名前を書けるように特訓しています!


・誕生日に本人だけではなく家族に向けて手紙を出す。

アルバイトの中には、保護者のかたが送り迎えしてくださっている家庭もあり
保護者の協力なくして、ウチの店がなりたたないことを感じていたときに
この本での実践項目にあり早速実行!!


とりあえず2点だけ書きましたが、ほかにもいろいろとあるので
興味ある方は直にお話しましょうかね(笑)

別に、フルネームで書いたから、家族に手紙をを出したからって
決して売り上げがUPするわけではございません。

もっと効率よく、もっと儲けることの出来る方法ってあるわけで
こんなことしなくても良いんだろうと思います。

でも、何が言いたいかといえば、一緒に働く仲間への「関心」を持とう。
と、言うことに尽きるんだと思います。


最初にも書きましたが「仕事はチームで行うもの」です。

一緒に時間を共にする仲間への関心なくして
良い仕事は出来というのが三八でのスタイルです。

チームつくりの一丁目一番地は「仲間への関心」だと思います。

そして、その代表である私自身が、関心を持つために
上記のようなことを実践しております。


ぜひ、職場の仲間をフルネームでかけるか?誕生日を知っているか?
試してみてくださいね〜♪
posted by 三代目大将 at 12:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読んでみました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。