三代目の控え室談義

2017年03月28日 第1回【未来のあなたへ〜幸せになりたいなら働き方を「選択」し続けなければならない時代がやってくる〜】卒業生からのメッセージ「ラーメン屋で学んだ、教師として大切にしたい、たった1つの心構え」

教育改革、働き方改革、年金制度改革と言われるなかで、30年先の日本は

・転職を繰り返すのが幸せ
・新卒一括採用は無くなる
・定年退職はなくなる
・「正社員になりたい」という考え方は無くなる
・複数の企業で同時に働くことが主流
・15歳で働きに出て、20歳で高校生、子育て終わって大学生
・結婚は一生に何回でも
・お金を払ってでも働く人が増える

などなど、が当たり前の価値観になっていると考えています。

この先の日本はライフスタイルに大きな変化が訪れる
正に、チャンスだと個人的には思っています。

もちろん私の妄想で、何の実証もありませんが、雇用にしろ、年金にしろ
今の制度を維持するには限界が来ていることは、それぞれ実感されていることでしょう。

弊社では、その様な、時代に日本を担っていくであろう人財の共育に、そして、地域への輩出に力を入れており
採用活動は全て、アルバイトでも正社員でも「別れ」(=「自立」)を前提としています。

約3年前から始めた”ある取り組み”により、働くスタッフ達が、三八と関わることで何を感じ
どのように成長し、どのような志をもって社会へと旅立っていくのか

今回は「卒業シリーズ」として

【未来のあなたへ〜幸せになりたいなら働き方を「選択」し続けなければならない時代がやってくる〜】

と題し、複数回に分けてお伝えしていければと思います。

第1回目の今日は春から小学校の先生として働き始める女性から
弊社へ感謝の手紙を届けてくれましたので紹介したいと思います。

17390786_852060274932334_1375205116787153551_o.jpg

ーーー手紙原文ーーー

今まで、3年間、本当にお世話になりました。

私は、大学1年のとき、求人の雑誌を見て、三八を見つけて「まかないがある!」というところに目をひかれ、三八で働きたいと思ったのがきっかけでしたが、初めてのバイトが三八で本当に良かったし、卒業まで働けたことを、とっても嬉しく思います。

三八は、店長をはじめ、楽しくて、おもしろい方々ばかりで、とても、温かい職場だなと思います。素敵な方々と、素晴らしい場所で働くことができて、私は、幸せです。三八では、たくさんの学びがありましたが、その中でも、一番大切だと感じたのは「お客様のことを第一に考える」ということです。これは、教育現場において「子どもたちのことをいちばんに考える」ということと共通するところだと思います。店長は、お客様のことを第一に考えられていて、そんな店長の姿を見て、私も、子どものことをいちばんに考えることが出来る教師になりたいと思いました。

部屋を整理していたら、店長からのメッセージが入った給料明細や、ほめシートが出てきて、そこに書かれていた一言一言がとても嬉しかったことを思い出しました。私も、店長のように、一人ひとりを見つめ、しっかり声かけしたり、ほめたりすることのできる教師になろうと思いました。

3年間、本当に多くのことを学びました。本当に、ここで働いて良かったと、心から思います。

4月からは、本当に社会人になるだなんて、不安しかありませんが、ここで学んだことや、ここで過ごした、キラキラした日々を思い出して、これからも頑張っていきます!香川なので近いので、また絶対、食べに来ますね!!ここで、バイトしたこと、三八のおいしいラーメンの味、そして、店長のこと、絶対忘れません。

3年間、本当に本当にありがとうございました。いつまでも、面白い店長でいて下さい。

ーーー以上ーーー

きっと彼女は教育者として子どもたちにワクワクする未来、輝ける未来を与え続けることが出来る
先生となり、将来の日本を支え、発展させ、飛躍させていく人財を世に送り出して続けることでしょう。



「外食は教育産業だ」

今から15年前、すかいらーくに新卒で入社た初日に店長から言われた言葉です。
この言葉に意味はよく分からんけど、妙に納得し、それ以来この言葉を胸に事業を行っています。

それは三八代表として家業を継いだ後も同じです。

「世の中に自立人財を与え続ける」

ことを理念に向かい歩みを進めていく1つの要素と捉え

「ラーメン店の経営」「インターンシップ事業の実施」「39総会

などは、それぞれが手段の1つだと考え日々現場で取り組んでおります。
”ある取り組み”とはこのような人財育成事業のことです。

弊社で言う「キョウイク」とは「共育」と書き、「教え」「育てる」のではなく、「共に」「育つ」

to grow together

と、言う想いを人財育成に込めています。


先に、書いた未来日本の妄想が現実となったとき、本当に大切なのは

・「この世に生を受けた人間として、どう生き切りたいのか」と、言う”想い”
・「人間としての”あり方”を大切にし、生き切る」と、言う”決断力””実行力”

が、お金を稼ぐのと同じくらい、今以上「幸せを感じ人生を生きる」ために重要な1つのスキルとなるでしょう。

そうなんです、スキルなんです、だから学ぶことが出来るし、誰にでも身に着けることが出来ます。
弊社では主にスキルの基本部分の共育をラーメン店営業を通じて行っています。

実は、今、示されている「幸せのモノサシ」では、表しきれないほど、世の中には幸せが隠れています。
モノサシを持ってない、知らないから、苦しい…何てことが多々起こっています。

次回は、その辺りについて書くことが出来たらと思います。


<募集>

1.スタッフ募集
2.長期インターンシップ(バイトプラス2期生)募集

ありがたいことに、人材不足が叫ばれる日本、更に地方、更に外食産業、更にラーメン店において
今現在、深刻な人手不足には何とか陥らずに営業をさせていただいております。

しかしながら、現在の取り組を加速し進めるべく

・弊社が考える「理念」や「あり方」に共感していただける方
・弊社の運動をお手伝いしてくださる方

は、現在も積極的に採用を進めております。

「自分自身」も「ご家族」も「会社」も「地域」も、皆で、共に成長していきましょう!!
この道の先に、ステキな大人たちが地域に溢れ、ステキな子どもたちの笑顔で溢れる未来が見えます!

1.スタッフ募集

手紙(表).jpg手紙(裏).jpg

ご一読いただき共感していただけたら下記をクリック願います。


2.長期インターンシップ(バイトプラス2期生)募集

14859791_1179306545477088_7703858252328084002_o.jpg

こんな名刺を作ったり

14925566_1193014817439594_3113678201334553171_n.jpg

大学でプレゼンしたり

_MG_4016-4.jpg
_MG_9682-3.jpg

大阪にラーメン販売に行ったり

_MG_9593-1.jpg

経営者が受ける自己分析診断を受けたり

IMG_7086.JPG
DY8C1147.jpg
14572942_996909470431784_258844011571599065_n.jpg

徳島内外を問わず、の沢山の全国で活躍されている経営者さんたちとお酒を酌み交わしたり
(写真は大阪、徳島、高松。今後は東京、海外なども想定しています。)

したのが1期生のインターン内容でした。

結果どうなったかと言えば、いわゆる就活始める前に3社から内定をいただくことができました。
役員クラスの人たちから「就職考えてくれるなら私に直で連絡を」とお願いされたそうです。

IMG_8318-27.jpg

あくまで結果であって、目的は先にも書いた通り「自立人財の輩出」です。
弊社で採用するつもりでインターンシップは行っておりません。

そして、これも先に書いたように、新卒一括採用がなくなるのであれば
インターンシップの重要性が今以上に高まるであろうことを想定し行っています。

インターンシップ生も、会社も、共に成長してまいります。
このような事をご理解いただき、下記条件などに賛同いただけましたら是非、ご応募ください。

・18歳〜25歳までで徳島にお住いの方
・SNS等で顔出しOKな方
・県外で現地集合現地解散OKな方
・月4回以上三八のいずれかの店舗で1回3時間以上勤務可能な方
・H29年5月1日〜H30年4月30日が実施期間となります。
・旅費交通費は全額支給を行いますが、一時、立替をお願いする場合があります。
・社長と同行する際の飲食費は全額支給を行いますが、一時、立替をお願いする場合がございます。
・店舗勤務はこちらの条件になります(https://jp.stanby.com/ats/910886020516425729/jobs
・お給料は店舗勤務やイベント出店時のみで、交流会や社外研修への参加は発生しません(自主参加)

簡単に言えば「現場仕事でお金を稼ぎながら社長のカバン持ちする」インターンシップです。

以上になりますが、定員(3名)になり次第、募集は終了します。

お問い合わせ、ご応募はコチラまで!
posted by 三代目大将 at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | たまにはマジメに語る三代目。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック