三代目の控え室談義

2017年08月09日 命のバトンを次代へつなぐ。

親から子へ、子から孫へ、孫からまた次代へ

受け継がれる命のバトン

あなたは、次代に、何を伝え、生きていますか

_Y8C5746-2.jpg

祖母が入居中の施設から一時帰宅していました。
大正生まれで、先月92歳を迎えた祖母。

80代前半まで、仕事に関わっていた仕事人の祖母。

祖父と共に三八を創業し、祖父が亡くなった後は10年近くお店を営んできた人だけあって
空間にいると只者ならぬ雰囲気を感じますし、何より、今も目に力があるなと思いました。

_Y8C5700-6.jpg

大腿骨を骨折し、もう歩くことが出来ない可能性が高いと医者から言われながらも
驚異の回復力と、リハビリなど日々の努力で、再び歩き、仕事にも復帰した祖母。

祖母の生き様から、私はたくさんの事を、感じ、学んだように
生きている間に、いちかにも沢山のことを伝えて欲しいなと思います。

_Y8C5772-9.jpg

言葉は、第二のDNA。

人類が、大きく発展した要因は

これまでDNAの変化という偶発的な突然変異に進化を任せるしかなく
DNA情報のみを、次代に伝えることで発展してきた他の生命体

人類は、言葉を使うことで、言葉を次代につないで、歴史をつくってきた。

言葉は思考をつくり、思考は行動を生む

生き様、在り方、想い、志は、世代を超え、時代を超え受け継がれる。

_Y8C5752-5.jpg

カタチあるものは、いつかは壊れる
カタチないものは、いつまでも在り続ける

私も、祖母からのDNAと、想い、志を受け継ぐ者として
しっかり次代へバトンをつないで生きていきたいと思います。
【プライベートなモト君(〃▽〃)の最新記事】
posted by 三代目大将 at 07:06 | Comment(0) | プライベートなモト君(〃▽〃) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: