三代目の控え室談義

2007年10月16日 魚はいいねぇ〜A

昨日の釣り紀行の続きになりますが(注:ラーメン屋のブログです)

まぁなんにしろ朝はとてつもなく早かった!!
四時に出発して、鳴門のエサヨシさんへ。
ここの兄ちゃんが、親切で、細かく始めてイカダ釣りをする俺たちをレクチャーしてくれました。

エサヨシHP:http://www.mandala.ne.jp/esayoshi/

 DVC00102.jpg

で、今回の狙いはチヌだったのですが、兄ちゃんが言うのは

「今、小アジも釣れとるけん、釣って、餌にして海につけとったらヒラメが釣れるでよ」

と、言うのでヒラメ用の仕掛けも購入…。めっちゃ買わされた感がただよってましたが
もう、この発言に今となっては感謝です。(それは後ほどわかります)

そこで渡船屋さんを紹介してもらい、一路、堂浦へ出発!!


紹介していただいた渡船屋、戸田渡船さんに到着。。

 DVC00123.jpg

なんや犬やら、鶏やらがいて、ちょっと危険な駐車場…。ヒクッテ!!
まぁこの戸田渡船のみなさんもいい人達。いかいもって言うおばあちゃんと
めっちゃ渋い、海の男風のおっちゃんがお出迎え。。

戸田渡船さんのHP:http://homepage2.nifty.com/todatosen/



で、船に乗り込んで、チヌの待つイカダへ出航!!
なんですが、アクシデントが!!

着岸されている船にわたる時に、後輩の西田君の竿が…。スルリと海中へ…。
足元も不安定で、着岸と言うても飛び乗る感じなので、落ちそうになるんです。

ショックを隠せない西田君と、その他釣り人のおっちゃん達を乗せていよいよ出航です

 DVC00104.jpg

途中朝日が昇ってきたりなんかして、自然の素晴らしさに触れつつ

 DVC00107.jpg

イカダに到着です。


今回のイカダ釣りは「紀州つり」といわれる団子を作って釣る釣り方。
糸に直接針を付けて、餌を団子で包んで海底まで落として、海底で団子が割れて
魚さん達が寄ってきて、餌に食いつくってわけです。傷心の中団子を練る西田君。
 
 DVC00105.jpg

でも、渡船のおっちゃんが竿を後で届けてくれたので。一安心。
おっちゃんは何度も海に落ちた竿を拾い上げようとしてくれたみたいです。
その心意気にホンマ感謝やったし、サービス業の基本を教えていだだけました。



なんせ始めてだったので、団子が海底まで届く間に割れてしまったり…。なかなか割れなかったり…
最初の数時間は、試行錯誤の繰り返し。。

で、しばらくしたときに、俺が小さなアジを釣ったので、エサヨシの兄ちゃんが言うていたように
ヒラメ用しかけに付け、海に投げておきました。


で、まぁまぁ釣れるのですが、本命のチヌは釣れません…。
多かったのはこいつ!!外道中の外道「ボラ」

 DVC00119.jpg

一緒に写っているのが俺の手なんで、いかにデカイか。取り込むのに一苦労…。
糸は恐ろしい勢いで、引っ張られるし…。海に引きずりこまれるかと思いました。
引きを楽しむのには、いいんですけどね。

後で、聞いたら、ボラの当たりで、合わせたそりゃボラが釣れるよってことでした。
数ある魚さんのサインの中からチヌの当たりをかぎ分けて、合わせてやらんと
本命のチヌは釣れないとのことでした…。

現に他のおっちゃんたちは、ちゃんと何匹もチヌ釣ってましたから。。。
勉強不足、経験不足ですね。なんとなくビジネスの世界にもいえる事ですね。これは。


でやっとこさチヌが釣れましたが、終わってみたらこの一匹だけ…。しかも俺は釣れず…。

 DVC00115.jpg




そうこうしているうちに、突然やつはヤッテ来ました。
仕掛けておいた、例のヒラメ用の竿が、ものすごい勢いで、引っ張られていきます。
ほんと、ものすごかった。近くにいた西田君が、もう必死に食らい付く感じ。

もう、松方弘樹を思わせる格闘の末、ついに姿を現したのはコイツダ!!

 DVC00111.jpg

推定50センチはあろうかというヒラメ!!

 DVC00112.jpg DVC00113.jpg

恐ろしい顔してます…。餌のアジなんか形も無い…。

もう、エサヨシの兄ちゃんに感謝でした。買わされたなんて言うてすみません!!

結局の釣果はこの通り

 DVC00122.jpg

ヒラメにチャリコ(鯛の子供)、チヌ、カワハギ、キビレ、サバ。どれも美味しそう!!
リリースしましたが、アジにイワシに、草フグ、サヨリ。

西田君は大変満足。鳴門はやっぱり大阪と比べて、魚が豊富なんですかね。
これも自然がなせる業。この自然は守っていかなあかんし、鳴門のいい人たちも
なんかお郷自慢で、嬉しかったです。

やっぱ徳島はイイトコ!!元気にせなあかんよね!

昨日は改めて、強くそう感じました。

ちなみに、魚はみんな西田君に上げて、夜彼から、刺身にして美味かったとメールいただきました。
やっぱ徳島最高!鳴門最高!!
posted by 三代目大将 at 09:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | FC38(三八釣り倶楽部) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック