三代目の控え室談義

2007年12月28日 ちょっとね

ちょっと面白い記事が。。。

 
 自転車の安全運転のあり方を検討する警察庁の有識者懇談会(座長・吉田章筑波大大学院教授)は27日、自転車の利用者に対し、携帯電話で通話しながらの運転を禁じたり、幼児を乗せる場合は1人だけとすることなどを求める報告書をまとめた。同庁は報告内容を歩行者、運転者の守るべきルールなどを説明した「交通の方法に関する教則」に取り入れて、教則を29年ぶりに抜本改正し、警察が行う安全教室などで役立てる。

 報告書では、安全走行のため▽携帯電話を通話、操作しながらの運転▽ヘッドフォンを使って外部の音が聞こえない状況での運転−−などをしないよう求めた。また、自転車の不必要なベル使用は他人とのトラブルにもつながりやすいとして、危険防止のためやむを得ない時だけに使い、みだりに鳴らしてはいけないと指摘した。

 さらに、幼児用の座席を使う場合は1人のみとし、前かご部分と荷台部分の両方に幼児を乗せるのは危険だとした。このほか、歩道上で自転車同士が対面してすれ違う場合には互いにハンドルを左に切ってよけるようにすべきなど細かいルールも言及している。

 教則はあくまでも警察が安全教育のために活用する指針で、罰則規定はない。
「ベルをみだりに鳴らしてはいけない」
「自転車がすれ違うときに互いに左にハンドルを切ってよけるように」

なんて、細かいところを教則に入れたんですなぁ。
ほんまお笑いのネタの世界やん(´-ω-`)
ほほえましいような。。。ここまで書かないとわからんもんかの〜と
少し、恐ろしい気もしましたねたらーっ(汗)


さて、昨日も触れた三八新聞はお客様の手元に送るべく、手作業ですが着々と進行中!
やっぱり、一枚一枚袋につめて、宛名貼ってしていると、あぁこんないっぱいお客さんに
信頼されてるんやなぁ〜と嬉しくもなり、責任も感じ。感謝、感謝です。

 DVC00186.jpg

夜遅くまで一枚一枚、宛名を貼る俺。
と言うか、誰も手伝ってくれなかっただけなんですけどね(笑)
さすがに高校生に10時以降も手伝ってもらうわけにもいかないし…。

ま、自分でやりだした事だから、楽しいし、何よりお客さんとの繋がりを感じれるし
良いこと尽くめ。後は、本当にお客さんの為になってくれれば最高ですねグッド(上向き矢印)

今年も12月28日です。あとワズカ…。早いもんやなぁ〜。
posted by 三代目大将 at 11:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック