三代目の控え室談義

2008年02月22日 ごちそうさ〜ん

昨日、三八新聞の原稿をエンエン(中国からの留学生)から
もらうことになってましてエンエンが「とりばたけ」でと指定してきました。
「とりばたけ」はいつも行っている焼き鳥の店ですビール

 DVC00267.jpg

彼女は今、中国からの観光客の添乗員の仕事もしています。
それで、お金がたくさん入ったので、今日は、おごってくれるとのこと晴れ
それは、それはと思い、しっかりご飯も食べてきましたわーい(嬉しい顔)
お酒は、朝が早いので控えめにしたのが残念です(笑)

 DVC00270.jpg

ほれと、大将に最近、お子様が生まれ、その様子を撮影した
親ばかップリのVTRを楽しませてもらいました〜赤ちゃんカワイイね黒ハート

で、帰りはしっかりエンエンにゴチって頂きまして…羽振りいいね!
ガイドの仕事はめちゃくちゃ儲かるらしい・・・俺より給料いいんだってもうやだ〜(悲しい顔)
 
 DVC00271.jpg

そういえば、誕生日にマフラーももらったんだよな…
品質表示とか全部中国語で何なのか全くわからないのと
中国っぽい匂い(?)が気になるので未使用だけど(笑)

「テンチョー太りました」「テンチョーは大きすぎる」
「テンチョーは尋常ではない」「テンチョーはつまらないものです」
と、言いたい放題(微妙な日本語で)ですが、ありがとう。

に、してもこの中国人よーやりますわ。
最初面接に来たときも


「日本に来てどれくらいですか?」

の質問に、本当は1週間くらいなのに

「半年前からです。日本語は大丈夫です。」


っていいよったし、俺も騙された(笑)
度胸といいますか、思いっきりといいますか、行動力といいますか…
すごいですわ。このへん自分には持っていない能力なので、頭が下がります。

後々、書類とか見せてもらったら解ったんですけどね。
あぁ、先に確認していない俺が悪いのか(´ヘ`;)

「中国のラーメンは美味しくない。絶対中国に店をだして!私はオーナーをする。」
と言うています。中国出店ですかぁ…まぁオリンピック終わって高騰した土地や建物の
値段が落ち着いたら考えてもいいかな(笑)

いやはや、中国出店とは大きな話。夢が広がりますね。
そのためにも、まず足元固めて一歩ずつってとこですかね。
posted by 三代目大将 at 12:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三八の“おもろいスタッフ”さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック