三代目の控え室談義

2016年12月31日 【御礼】2016年ありがとうございました。

今年もありがとうございました!!
本日の、そして2016年の営業は全店舗終了いたしました。

本当に、たくさんのお客様のご来店、まことにありがとうございました!!

皆が帰った事務所で、年度最後のブログ更新が毎年恒例。
今年も例年通り、全店舗に御礼の挨拶巡りをし独りパソコンに向かっております。

saita-logo.jpg

kurosaki-logo.jpg

tamiya-logo.jpg

ekimae-logo.jpg

年末まで、たくさんのスタッフさんたちで頑張りました。

本当に、アルバイトスタッフ含め、全スタッフ一人ひとりのお陰で
今年も無事終えることが出来ました。

2016年は三八創業以来47年にして売上、利益とも過去最高を記録しました。

スタッフの皆さん、一人ひとりの頑張りの結果です。
誰一人欠けても達成は出来なかった、そう思っています。

本当に、最後までありがとうございました。

私の仕事収めは、このあと新町カウントダウンに
出店しておりますので一緒に、年を越しましょう!!

新町ボードウォークにて0時30分まで販売しています!!



今年のテーマは「分かち合い」でした。

結果として、先日開催いたしました弊社39総会にて、アルバイトスタッフを含む
75名の全員に決算賞与を手渡しをし、1年の成果を分かち合うことができました。

nice (172).jpg

2011年に社長に就任してから5年、ようやくスタートラインに立てたような気がします。

この5年を振り返ってみるに、前半は「地に足つかない」、中盤は「勘違い」
そして、後半は「付けが回ってきた」そんな言葉が当てはまるのかもしれません。

そんな中、今年前半には父が怪我が原因で現場を離れることになり
私が斉田店の現場に入ることになりました。

そこで初めて、私は、これまで注がれた父の愛情の大きさと深さに気づくことができました。

この出来事が、今年は本当に大きかった。

父が40年以上立っていた場所に立ち、父と同じ景色を眺めた時
自分の弱さや甘さと、初めて底の底まで向き合いうことができました。

そして、ちょうど父が現場を離れるタイミングで資金繰りが厳しくなり…
個人の定期預金を切り崩し支払いに充てていたこともあって
何もかも嫌になりかけた時でしたが、奮い立たせることができました。

父も同じように、この景色を眺めながら、会社のこと、従業員のこと、お客様のこと
そして私たち家族のことを、想い続け40年以上ラーメンを作り続けてきた。

良い時ばかりではなく、時には絶望の日もあったはず。
でも、私たちを育て、会社を育て、ここまで先代からのバトンを繋いできた。

その中での自分自身の使命を初めて腹の底から感じることができました。

本当であれば、父が現役で現場に立っているときに気が付けばよかったのですが
こうなってみて初めて気づくことができた。

父が現場に残した「魂」を初めて受け継ぐことができたように思います。

_MG_7941-1 (1).jpg

この写真は父が立っていた場所、斉田店の厨房から見える窓の景色です。
自分への戒めとして、また原点として保存しています。


今年も、たくさんの方々に感謝を伝えながら2016年を終え、2017年を迎えたいと思います。

来年のテーマは「自分が持っている最高を与える」
相手がどうとか、周りがどうとか言う前に、まず自分が持っている「最高」を与える。

与えることからすべての関係を始めてみる。
何でもいい。皆、それぞれの唯一無二の最高を持っている。

お互いに与え合うことで会社や世界はより良くなると確信しています。


来年の今頃も、1年無事終えることが出来るよう、より一層、真摯な営業を心がけ
たくさんの方々に「幸せ」を届ける活動を進めてまいります。

「お店を通じ、食を通じ、お互いに感謝しあえる関係性が維持できる社会」

の、実現にむけ取り組んでまいりますので、引き続きご愛顧のほど
また、ご指導よろしくお願い申し上げます。

2017年も皆様にとって輝かしい年となること祈念し年末のご挨拶とさせていただいます。
2016年もありがとうございました。

それでは、皆様、良いお年を。

有限会社三八
代表取締役 岡田元一
posted by 三代目大将 at 18:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | たまにはマジメに語る三代目。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日 【感謝と感動】第2回39総会

今年も39総会を開催いたしました。

nice (172).jpg

アルバイトの皆さんに感謝の想いを込めて、この1年、大きく成長したスタッフを褒めたたえるとともに
日頃、なかなか口に出来ない感謝を伝え、感謝を受け取る日でもある39総会。

nice (3).jpg

nice (31).jpg

nice (130).jpg

▼2015年度 39総会

本年度は過去最高売上、過去最高利益を達成。

70名を超えるスタッフと、共に、2016年の成果を

アルバイトを含む全員に決算賞与を手渡しで1年間の感謝とともに渡してまわると

言う形で、分かち合いました。

私が社長に就任してからずっとやりたかったことを1つ実現することが出来ました。
誰一人欠けても、このような結果をもたらすことは出来なかったと思います。


厳粛な式典の後は、皆で大盛り上がり、恒例の忘年会。
本当に、みんなイイ笑顔をしてくれるので、私も嬉しくなっちゃいます。



今回は、居酒屋「鳥貴族」を展開されており、39総会決起の想いに至ったきっかけとなった
「ホスピタ総会」を実施されております株式会社ダンク片岡社長をはじめ

▼株式会社ダンク

日頃よりお世話になっており、また39総会開催に向けてもサポートいただいた
来賓の方々もお招きして弊社の取り組みをご覧いただきました。

隨ャ・貞屓 39邱丈シ・IMG_9340.JPG

2017年のテーマは

「自分の中の最高を与えよう」

与えあうことから、気持ちを新たに歩みを進めていく所存です。
posted by 三代目大将 at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | たまにはマジメに語る三代目。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日 未来への自立に向けて 〜第1回まちを良くする栄養学系インターンシップ事業報告〜


アドラー心理学で

「自立」とは、自らの意思で自らを承認し自分の価値を自分で決定できることである。
「自立」とは「自己中心性からの脱却」すること。

と言われています。

そして教育は「自立」を目的として行うことであり、教育者は決断を尊重しその決断を援助する。
いつでも援助する用意があることを伝え、近すぎない、援助できる距離で見守る人である。

と言われています。


現在、弊社で行っております人材育成インターン事業。

・まちを良くする未来のお店をつくろう!インターンシップ
・まちを良くする栄養学インターンシップ
・バイトプラス

の、3事業を運営しております。


logo yoko.jpg


バイトプラス_logo.jpg

それぞれ、短期、中期、長期という期間の違いや、参加者の動機の違いなどもありますが
目的は弊社理念「出逢った全ての人に、いっぱいの幸せを」実現のための人材育成”共育”事業です。

特徴としては特筆しておかなくてはなりませんが、弊社では新卒採用は行っておりません。
採用の窓口は常に解放しておりますので、働いてみたい人にはいつでも応募しています。

では、なぜ弊社がインターンシップを行っているか?

「しごと」を通じた「ひと」の成長が「まち」の成長に繋がる

「まち」の成長が、「しごと(企業)」の成長につながる

と、考えているからです。

「ひと」に与えることで、巡り巡って、我々の幸せにつながっていると確信しているからです。
そして、その繋がりは螺旋を描き上昇していくと強くイメージしています。

弊社のインターンシップは後述しますが全3種ありますが、どれも「過酷」です。
中には、1万円を超える、有料インターンシップもあります。

それでも過去開催では、東京、大阪はもとより、遠くは九州から
交通費も参加費も支払ってまで参加してくださる学生さんもいます。

大学も、徳島大学だけではなく、東京大学、大阪大学の学生さんにも
弊社の理念、考え方に強く共感していただき参加してくださっております。


全3回にわたり、弊社で行っているインターンの紹介と、事業報告を行ってまいります。

まず、現在、進行中のインターン事業はこの2つ

・まちを良くする栄誉学インターンシップ
・バイトプラス

その中でも、佳境を迎えている

「まちを良くする栄養学インターンシップ」

に、ついて話を進めていくことにします。




管理栄養士の地位は低い!?


切っ掛けは、弊社人事担当である冨浪店長(三八製麺所の店長も兼ねているため)と
TIME徳島栄養士団体 代表 南部真也さんの出逢いにさかのぼります。

現在「徳島を「食」で元気にする」ためフリーの管理栄養士として活躍中の南部さん。

IMG_9958-17.jpg

▼TIME徳島栄養士団体

そんな管理栄養士の南部さんが社会に出たときに経験したギャップを軸に
冨浪店長が、既存の「まちを良くする未来のお店をつくろう!インターンシップ」
の、システムをベースにして、組み上げ、提案、即実行となりました。


南部さんが常に抱いていた管理栄養士の課題は

・他の医療系の国家資格に比べると業務量の割に所得が低い、地位が低い
・離職率が高い(結婚育児後、管理栄養士として働く人は少ない)
・企業の商品開発に憧れる人も多いが、一握りの学生しか就職に至らない。
・ビジネス感覚に乏しい
・だから現場で“いいように”使われやすい

と、言うものでした。

憧れていた世界とは違い、管理栄養士としての資格を持ちながら
管理栄養士の現場から去っていく人が多いそうです。



従来の商品開発と何がちがう?


インターンシップ構築にあたり拘ったのは「実践」です。
「販売し利益を出すことを目標とする」条件に開催を決めました。

よくある商品開発インターンシップでは

・学生たちがプレゼンをして終わり
・企業が商品化して販売という形

が、主流ですが、弊社では、販売まで自分たちの手で行うこと。そして「利益」を出すこと。
商品を責任持って自分たちの手で一般消費者の方に販売することを大切にします。

その場所として10月16日(日)開催のトモニSunSunマーケット様に協力いただきました。



私が、お店で商いをしている感覚に起因しているのだと思いますが
お客さんが美味しそうに食べている顔が、目の前で見えるのと見えないのでは
充実感や達成感が全く違うと考えたからです。また、ライブ感、現場感も重要と考えました。

逆を言えば「美味しくない」と言うこともリアルに伝わりますのである意味でシビアです。
乱暴な言い方をすれば「ヤリ逃げ」「売り逃げ」は許さないということ。

開発して、作って、食べてもらって、良いも悪いも、お客様からのリアルな
フィードバックをいただいてこその学びだと考えるからです。

利益を目標とすること、おカネを介在することで
より商品の価値が適正かどうかの判断もシビアになってきます。

言わば「実戦」

「竹光」ではなくて「真剣」を持って世界に立つ。

そうすることで「知っている」「分かっているつもり」から「やってみる」「やってみた」
つまりは「知識と経験の統合」を目的とした学びの場とすることが目的です。


おカネに関して補足すれば、商品開発費や保健所許可に関しては弊社が全額負担ですが
その他、出店に必要な諸経費、仕入れ、に関しては、自己資金で行ってもらいます。

開店時は、現金不足しているのこともあるので
そのチームには、弊社が出資し、後で、売上から回収します。

その代り、弊社が出資した額を返済した残りは、全て学生さんたちの利益となります。



次項からは、インターンシップ事業詳細について述べてまいります。



キックオフ 〜最良な関係のスタート〜


さて、これまでの経緯を簡単に振り返っておきますと、スタートしたのは6月中旬

・徳島大学医科栄養学科
・四国大学生活科学部管理栄養士養成課程
・徳島文理大学人間生活学部食物栄養学科

から15名、管理栄養士の資格取得に向けて日々勉強している大学生が集まり開催いたしました。

20160617-_MG_0509.jpg

「己を知り、相手を知る」ことを目的「ほめ育財団認定 ほめ育ナビゲーター」でもある
私が、講師として「相手の良いところにフォーカスを当てる」ワークを行いました。

20160617-_MG_0597.jpg


人間は社会的生物です。

人類の進化は、その身体的な弱さを補うため、協力し合って発展してきました。
人は必ず、人の協力がなくては生きていけません。

20160617-_MG_0563.jpg

目の前の人と、この先、4カ月にわたり共通の目的目標に向かい歩んでいくためには
欠かせない視点を得ることができた時間となりました。

20160617-_MG_0701.jpg





 強み勉強会〜本当の強みを知る〜

先のキックオフと同様に「己を知り、相手を知る」ことを目的に
現在、関西を中心に活躍中の(株)ミスキィ 強み診断士の西村氏を大阪より招き

「強みは与えあってこそ、誰かのために使ってこそ、輝く」
「人と自分は違っていて当然で、その違いがあるから尊い」

と、言う視点で「強み」についての講演をしていただき
ストレングスファインダーを用いて理論的に学ぶ機会を設けました。

IMG_8851.JPG



中間発表会〜容赦ないフィードバック〜


全部で3チームに編成をし進めてきたプログラム。
各チームがこの2か月間で創り上げてきた商品概要のプレゼンを行いました。

_MG_2740-6.jpg

自分たちの創ろうとしている商品が

・いかにして「まち」の人たちの人生を豊かにするのか?
・その商品はどのような想いで創ろうとしているのか?

など、想いの部分、理論の部分、そして試作品を実際に試食しながらの発表会となりました。

_MG_2791-10.jpg

そして中間発表会では、

(有)茶茶家 代表 澤田 氏
(株)メディコム 編集長 板垣 氏
佐々木農園 九代目 佐々木 氏
徳島大学大学院 助教授 中本 氏

と言った、経営、広告、素材、学問のプロの方々にフィードバックとアドバイスをいただきました。

_MG_2827-14.jpg


ここでは「美味しくない」「もう1回ゼロから作り直せば?」という厳しい意見もあり

_MG_2895-20.jpg

学生だからと言って手加減はありません。

_MG_3357-48.jpg

大人たちが本気だからこそ、学生たちも本気で取り組むことが出来るのです。




各チームでの動き〜想いの実現に向けて〜


各チーム、この間、毎週のようにMTGや調査を重ねてきました。

20160706-_MG_2711.jpg

ニーズ調査でアンケートを取りに出かけたり、試作品を食べてもらい感想を集めたり
誰かの家に集まって試作品を作ったり、大学の会議室で議論を交えたり。

14040078_316433158702953_3213889773017741882_n.jpg

14055042_318601675152768_5869535555408825265_n.jpg

13620932_296843367328599_7715685820353333442_n.jpg

かなりの時間を費やしてまいりました。

南部さんには、プレゼン勉強会も開いていただき
学生たちが「どうすれば自分たちの想いを100%伝えることが出来るのか?」

14359013_330952000584402_628877363462020475_n.jpg

について学ぶ機会を創っていただきました。

そして運命の最終発表会へと臨むこととなります。



最終発表 〜スタートラインに立つ〜

IMG_9858_1-4.jpg

では、最終発表会で提出された、各チームの商品について紹介します。



【Aチーム】

〜いつでもそばに、そば米を〜

「さらざんどうぃっち」

名称未設定 1.jpg

_MG_6551-8.jpg

徳島県の名産である「そば米」のクッキーです。

砂糖を使わず、カボチャとサツマイモ本来の甘さ引き出したペーストを挟んでいます。
そば米の触感と、サンドされたペーストのまろやかで優しい自然な甘みを楽しむことができます。



【Bチーム】

〜幸せのおすそ分け〜

「フラワーマフィン」

_MG_6618-35.jpg

徳島県民の75%が知らない事実。

「カリフラワーの生産が日本一」と言うことに着目。
隠れた名産品であるカリフラワーを使用したマフィンです。

カリフラワーを練りこんだ生地は、ほんのりとした甘みと
ほのかに香るカリフラワーの香りを味わうことが出来ます。



【Cチーム】

〜一つの家族からはじまる食べ物を大切にできる街 〜

「パパッと子えびソース」

14489595_1205965916141839_1192352906_o - コピー.jpg

14569069_1205966262808471_941882163_n - コピー.jpg

家族の絆をテーマにつくられた商品です。

レンコンと干しエビがベースとなり、レンコンの甘さと、干しエビの香ばしさが癖になります。

何より、お父さんと子供が一緒に作ることをテーマにしていて
それだけ簡単手軽に作れることが出来ますし、どんな料理にも合うソース。

他の料理への使用方法なども案内されており
今後の広がりをワクワクさせてくれる商品です。

プレゼンテーション1.jpg

今回は、フライドポテトにトッピングという形での提供となりました。


この、最終発表会は大きく分けて2つの意味がありました。

1つは、この3カ月間行ってき成果に対して優秀賞を決めるということ。
もう1つがトモニSunSunマーケット出場権を得るということです


最終発表の審査員には

(有)茶茶家 代表 澤田 氏
創業アドバイザー 里見 氏
佐々木農園 九代目 佐々木氏

そして、私の4名で務めさせていただきました。

IMG_9913-51.jpg


厳正な最審査のもと、優秀賞に輝いたのは、Cチームの「パパッと子えびソース」

IMG_9935-53.jpg

IMG_9933-52.jpg

審査員からも「想いに共感できる」「今度の展望が楽しみ」「ロジックも完璧」と大絶賛でした。


そして、いよいよ出店できるか否かの審査へ移ります。
3カ月間、この出店を勝ち取るために時間を費やしてきました。

ただ、判定はシビアです。大人たちも本気です。
中途半端な想い、商品では容赦なく落とすと伝えてきました。

審査員4人中3人の承認を得れば出店という条件のもと投票を行いました。


途中ハラハラドキドキしましたが

_MG_6714-54.jpg

見事、全チーム出店することが叶いました!!




10月16日(日)トモニSunSunマーケットへ!!


見事、全チーム出店が叶いましたが、あくまでスタートラインに立っただけ。
10月16日は、いよいよ実戦です。

「竹光」を「真剣」に持ち替えて、容赦ないビジネスの世界へのデビュー戦です。

各チーム、この日に備えて、更に商品を改良してくるでしょう。
今も、毎日のように出店に向けてのメッセージが飛び交っています。

しかし厳しい評価、結果を知ることになるかもしれません。
それも受け止めることも大切な学びだとこのインターンでは捉えています。


10月16日トモニSunSunマーケット

日時:平成28年10月16日(日)9:00〜15:00

場所:徳島県徳島市新町橋1丁目5 新町川ボードウォーク



人生を繁盛に〜まちが活気づく〜


弊社のインターンでの基本姿勢は「何もしないこと」です。
環境と場所とゴールは与えますが、その間、こちら側からは何にもしません。

アクションを起こしてきたことに対してはしっかりとお答えはしますが
アクションを行わない人に対しては放置です。

「自分で考え、自ら行動をする」ことが求められます。

ただ、間に設けたフィードバック時に、現状について思いっきり直視させられるだけです。
そこから、どうするのかも自分たち次第である。

と、言う方針を取っています。

「自由」には「責任」が伴います。
どういう結果になったとしても「すべての責任我にありの精神を養う」

そんな機会の提供を心掛けています。
これが経営に臨む者の基本姿勢であると考えております。

一見、経営とは関係のないように思える管理栄養士の世界ですが
人は誰だって「それぞれの人生の経営者」です。

お店を繁盛に導くように自分自身の人生を繁盛に導くためにも「経営」ついて学ぶ必要があり
また、冒頭に書いたように商品開発を通じて「自立」に向けての考え方を学び、実践していくことで

運命に振り回される人生ではなく

運命を築いていくことができる

人生を歩んで行ってもらいたい

そのような「自立人」が「まち」に増えることにより、街が活気づくという想いから
本年6月から4カ月にわたるプログラムがスタートし、10月16日にゴールを迎えます。

ぜひ、そんな将来の日本を担う学生たちの本気も一緒に味わいに、成長した彼らに会いに

10月16日トモニSunSunマーケット

に、足を運んでくだされば本望です。

_MG_6786-60.jpg

日時:平成28年10月16日(日)9:00〜15:00

場所:徳島県徳島市新町橋1丁目5 新町川ボードウォーク


posted by 三代目大将 at 18:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | たまにはマジメに語る三代目。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月01日 開店43年目にして〜人生を豊かにするMTG〜

2015年3月より(株)スパイラスアップ原代表の指導の下で
三八各店舗で取り組んできた“ほめるミーティング”

通称「ほめ育MTG」

を、先日、開店43年目、三八斉田店で開催いたしました。

今年、1月に、前店主である父が怪我で現場から退き
代わりに東條店長が就任してから4カ月。

お店も安定を取り戻し、夏には、1日当たりの売上を開店以来43年目にして更新するなど
今後の期待も高まる中で、更なる成長を目的として行いました。

一足早く、ほめ育MTGを行っている黒崎店では
現在18カ月連続で売上前年昨対比を上回るという実績もあり
今回の斉田店開催により、三八全店での開催となりました。

▼黒崎店での「ほめMTG」

下は16歳、上は70歳斉田店

初めての試みの「ほめ育MTG」、父の代から務めてくださっている従業員の方も多数いて
その年齢は、下は高校2年生から、上は70代の超ベテランスタッフまで幅広く
閉店後の遅い時間ではありましたが、ご参加いただきました。

冒頭に、東條店長がスタッフ全員への感謝と、この先の斉田店のヴィジョンについて語ったあとで
一人ひとりに、東條店長が書いてきた“手紙”を読み上げていきます。

_MG_7167-3.jpg


照れくさいけど嬉しい。


みんな表情は、それぞれですが、東條店長が読み上げはじめると、とっても穏やかな“心”を感じます。

_MG_7174-5.jpg

_MG_7198-7.jpg

_MG_7227-10.jpg

_MG_7234-11.jpg

_MG_7267-13.jpg

普段は“つんけん”している女子高生スタッフも、今日はツンデレ・笑

また、今回は、他店舗からも数名づつ見学参加していましたが
ここで各店長からも、参加してくださっているスタッフに“お手紙”をサプライズで

9月から店長に再就任したばかりの細川店長も田宮店スタッフに心を込めて伝えます。

_MG_7455-22.jpg

▼細川店長就任エピソード


未来を語り合う食事会に

参加者全員に想いを伝えた後は、恒例の食事会。

今回は、斉田店、斉田店と言えば、お好み焼き、お好み焼きと言えば鉄板。

_MG_7555-35.jpg

と、言うことで、焼肉大会!!

_MG_7621-40.jpg

米田さんなど、その辺の、焼肉屋で”ひとり焼肉”していそうなオッサンです・笑

_MG_7552-34.jpg

飲食店の特権ですが、食事会の場所と費用には困らない!!

もちろん、お好み焼きや、焼きそばもスタッフ達が自分で作って自分で食べる。

_MG_7618-39.jpg

「前から、作ってみたかったんよ!」新しいスイーツ(?)も、試作されておりました。

_MG_7653-44.jpg

ちなみにソフトクリームの材料と、ホットケーキミックスを混ぜて
鉄板で焼いて、アンコを挟んだり、チョコを挟んだりしていました。

ここから生まれる新商品、あるかもしれませんね!!


飲食業界は実際「大変」です。

だからこそ得ることが出来る、喜びや成長も大きなものだと確信しています。

現場の最前線に身を置いて頑張っているスタッフ達はみんな本当にスゴイところを持っています。

店長がスタッフ一人ひとりに読み上げる「ほめシート」は
それぞれのスタッフをホメて伸ばすという目的もありますが

一番はホメた人のマインドセットが「人のイイところを探そう」
と、常に意識出来るようになるという点に尽きると思います。

人をホメることは自分自身の人生を豊かにします。

今回も、スタッフからたくさんのことを学ばせてもらうことが出来ました。

彼らが”自己実現”を叶えることが出来る現場を創ることが私の仕事だと改めて感じました。

そして、経営者として、お店だけにとどめることなく
社会全体にそのような文化を創っていくことが、私にとって経営だと考えております。

その目標に向けて実践ありのみです!!



おまけ。

三八イチのイケメン店長!KEN細川氏のオフショットです・笑

_MG_7702-.jpg

40歳になって、この道で再び歩みはじめる決意してからの細川店長シブいッス!

嫁さん募集中!限定1名!急いでね!!

posted by 三代目大将 at 12:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | たまにはマジメに語る三代目。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月02日 【田宮店 店長就任のご報告】男の決意。

約2年近く不在であった田宮店の店長。

その役職に、再び付いた男。

細川健 店長

_P6C0196-54.jpg

ご自身の体調、家族の事情、体力、そして責任の重さから、店長の職を一度は辞すことを選び
一度は退職までした男が、40歳を超え、人生最後の挑戦と覚悟を決めて再び店長を引き受けてくださいました。

「やっぱり三八が好きです」

_P6C0385-88.jpg

周りの仲間たちへの感謝あふれる想い。
その恩に報いるためにも自分自身このままではいけない。

成長しなくてはならない。

彼の背中から、その想いが滲み出てします。

_P6C1119-190.jpg


そして、快く彼の帰りを迎え入れてくれた仲間たち。

蟹江店長は言いました。

_P6C1121-191.jpg

「一緒に成長していきましょう。そして三八を成長させましょう。三八の成長の先に、僕たちも幸せになりましょう。」

_P6C1117-189.jpg

繁盛店をつくる目的は、携わってくださった方々の人生の繁盛のため。

この先に見えるのは明るい道のばかりではなく、困難なことも多い。
でも、乗り越えたときに訪れる未来は、必ず輝かしい未来になると確信しています。

報恩感謝。

私がするべきことは、彼らに感謝し、恩に報いること。
彼らが描く幸せのために命を使うこと。

細川店長はじめ、彼の決意を支えてくださった、三木マネージャ、店長陣、スタッフの皆様に心より感謝です。
posted by 三代目大将 at 20:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | たまにはマジメに語る三代目。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日 まず変えるなら。

「言葉を変えたい。」

先月中旬から斉田店や黒崎店の鳴門方面を蟹江店長や東條くんに任せて
今、田宮店に数年ぶりに戻ってきております。

昨年からまじめた取り組みが徐々に鳴門方面で実を結びつつあり
徳島市内の店舗でも取り入れていこうという試みです。

そこでまず今意識して行っていることがあります。

それは「使う言葉を変える」こと

です。


お客様の入りが少しゆっくりになってくると、ついついスタッフ同士、お話をしてしまうこともあります。
同年代の子たちが集まっているので、話題も、学校のことや彼氏彼女のこと、将来の希望や不安…

色々と話題は事欠きません。

ただ、ここで話される内容に関していえば、8割くらいは建設的内容ではないと感じます。
下手すれば、お店やお客さんにとってマイナスのことだってあるでしょう。

言葉は、人類のベース、基本です。

言葉が歴史を創り、未来を創ります。

よい言葉は、よい人生を創ると考え実践していくことで
お客さんの人生も楽しくHAPPYに出来るようなお店の営業を目指しています。

「話をするなとは言わないけど、お店がどうやったら良くなるかを楽しく考えよう」

と、いうスタイルで臨むことを意識しています。

基準は内容がお客様にとってプラスかどうか。

ダメなことはダメ。

厳しいところは厳しくですが、褒めるところ、認めるところはその100倍で!!
posted by 三代目大将 at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | たまにはマジメに語る三代目。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日 【大切にしている時間】4個の珈琲の意味。

昨日は大阪に!で、今日はこれから日本青年会議所 京都会議で京都です!

と、今週末バタバタではございますが
仕事に於いて大切にしている時間が私にはいくつかあります。

12592294_962066490534429_8090144119674875462_n.jpg

その内の1つが、この1年、平日毎朝8:45〜9:30で行っている
三木マネージャーとのMTGです。

彼女は、パート契約で、小さなお子さまたちの母でもあり
平日のお昼のみしか時間の都合がつきにくいので、朝の開店前がベストタイムなのです。

MTG内容は今日行うことの確認や前日の報告から数ヶ月先のキャンペーンや数年先のビジョン
またはアルバイト個々人について今どんなことで悩んでて、どんなことに幸せを感じているかなどなど。

三木MGの素晴らしいところは、実行力や人心掌握などたくさんあるのですが
1番は"私に面と向かってダメ"と不満ではなく意見をぶつけてくださること。

なのでMTGを見た他の社員が驚くのですが、ほとんど口喧嘩状態らしいです。

お互いに引かないところは引かない のですが、目的は、お客様のため、繁盛店を創るため
と、いう根幹が一致しているので、とても建設的な口喧嘩です。

彼女に理解し腹落ちしてもらえれば、店長はじめ他の従業員への実務的な実行力は
私などとは比べものにならないくらい優秀ですので仕事がとっても早く進んでいきます。

また、従業員たちからの不満や要求、提案も一旦、三木MGを通すことで
彼女が決済できることは迅速に対処してくださりますし
決済出来ない範囲のことは私に相談してくださいます。

"扇の要"まさにNo.2として私自身全幅の信頼と最大級の感謝をしています。




昨日も高速バス出発のギリギリまでMTGをしてきたのですが三木MGが朝食にと、

三八従業員しか食べることの出来ないチャーシュー製造過程で取り除かれる肉を用いた

"チャーシューたまごサンド"


と、2月より毎年季節限定販売される佐々木農園の 朝摘み苺 の「苺ソフト」に
ふんだんに使用されている手作りジャムを挟み込んだ

"朝摘み苺の手作りジャムサンド"

を、持ってきてくれました。

12439225_962066497201095_529033506276056421_n.jpg


この手作りジャムを夜なべして作っているのも三木MGです。

12541021_962066520534426_4469774741356502037_n.jpg

当たり前ですが美味いです。


私も!と、今日は何か用意しておこうとコーヒーを買って行ったのですが
三木MGも同じように買ってくれていて、4個のコーヒーが並ぶことに…。


【お互いが感謝し合える関係を築いていく】


弊社の理念ですが、このような、出来事も1つ、
理念が形となって現れた結果なのかなと感じてます。



こんな社長とNo.2の会社ですが春にかけてアルバイト採用を進めます!
未経験者でも大丈夫!大学生・主婦大歓迎!詳しくはこちら↓↓↓


また、インターンシップも開催予定!エントリー締切間近!
「まちを良くするインターンシップ」↓↓↓


エントリーはこちら!現在、大阪大学を始め関西の大学生が中心にエントリー!
5000円で4泊5日で飲み食い出来て毎日ラーメン1杯付いてくる!
一生の出逢いのチャンス!締切間近!↓↓↓
https://job.mynavi.jp/…/pc/corpinfo/displayInternship/index…

posted by 三代目大将 at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | たまにはマジメに語る三代目。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
昨日は大阪に!で、今日はこれから日本青年会議所 京都会議で京都です!

と、今週末バタバタではございますが
仕事に於いて大切にしている時間が私にはいくつかあります。

その内の1つが、この1年、平日毎朝8:45〜9:30で行っている
三木マネージャーとのMTGです。

彼女は、パート契約で、小さなお子さまたちの母でもあり
平日のお昼のみしか時間の都合がつきにくいので、朝の開店前がベストタイムなのです。

MTG内容は今日行うことの確認や前日の報告から数ヶ月先のキャンペーンや数年先のビジョン
またはアルバイト個々人について今どんなことで悩んでて、どんなことに幸せを感じているかなどなど。

三木MGの素晴らしいところは、実行力や人心掌握などたくさんあるのですが
1番は"私に面と向かってダメ"と不満ではなく意見をぶつけてくださること。

なのでMTGを見た他の社員が驚くのですが、ほとんど口喧嘩状態らしいです。

お互いに引かないところは引かない のですが、目的は、お客様のため、繁盛店を創るため
と、いう根幹が一致しているので、とても建設的な口喧嘩です。

彼女に理解し腹落ちしてもらえれば、店長はじめ他の従業員への実務的な実行力は
私などとは比べものにならないくらい優秀ですので仕事がとっても早く進んでいきます。

また、従業員たちからの不満や要求、提案も一旦、三木MGを通すことで
彼女が決済できることは迅速に対処してくださりますし
決済出来ない範囲のことは私に相談してくださいます。

"扇の要"まさにNo.2として私自身全幅の信頼と最大級の感謝をしています。




昨日も高速バス出発のギリギリまでMTGをしてきたのですが三木MGが朝食にと、

三八従業員しか食べることの出来ないチャーシュー製造過程で取り除かれる肉を用いた

"チャーシューたまごサンド"


と、2月より毎年季節限定販売される佐々木農園の 朝摘み苺 の「苺ソフト」に
ふんだんに使用されている手作りジャムを挟み込んだ

"朝摘み苺の手作りジャムサンド"

を、持ってきてくれました。

12439225_962066497201095_529033506276056421_n.jpg


この手作りジャムを夜なべして作っているのも三木MGです。

12541021_962066520534426_4469774741356502037_n.jpg

当たり前ですが美味いです。


私も!と、今日は何か用意しておこうとコーヒーを買って行ったのですが
三木MGも同じように買ってくれていて、4個のコーヒーが並ぶことに…。

12592294_962066490534429_8090144119674875462_n.jpg


【お互いが感謝し合える関係を築いていく】


弊社の理念ですが、このような、出来事も1つ、
理念が形となって現れた結果なのかなと感じてます。



こんな社長とNo.2の会社ですが春にかけてアルバイト採用を進めます!
未経験者でも大丈夫!大学生・主婦大歓迎!詳しくはこちら↓↓↓


また、インターンシップも開催予定!エントリー締切間近!
「まちを良くするインターンシップ」↓↓↓


エントリーはこちら!現在、大阪大学を始め関西の大学生が中心にエントリー!
5000円で4泊5日で飲み食い出来て毎日ラーメン1杯付いてくる!
一生の出逢いのチャンス!締切間近!↓↓↓
https://job.mynavi.jp/…/pc/corpinfo/displayInternship/index…
posted by 三代目大将 at 10:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | たまにはマジメに語る三代目。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日 【謹賀新年】新年の挨拶。

あけましておめでとうございます!!

本年も、よろしくお願いいたします!!

お店の営業は3日からです。

そして3日から営業をするようになって(2009年くらいから)
はじめて元日を丸1日休むことができそうです^^

ichika.jpg

今日は元日に初詣に出かけ、その後は鳴門実家で毎年恒例の食事会
と、1日家族と共に過ごす予定です。


毎年1月1日に、その年のテーマを宣言してますが
2015年のテーマは「導く」です。

昨年、徳島青年会議所で室長という役をさせていただいたこと
また、インターンや39総会を通じて感じた事から

今、私が最も伸ばすべき姿勢、在り方、接し方だと思います。

スタッフに対しても、家族に対してもそれぞれの持つ「魅力」や「ビジョン」の飛躍や、実現に向けて
押し付けるのではなく、彼らの中から引き出し導いていこうと考えております。

その1つとして今年6月から新たな人事教育制度の取り組みを行います。
詳細については追々ブログにて記載しますし、告知も行う予定です。

主に、大学生や高校生を対象とした事業となりますが
組織の底上げに大いに効果があると想定しております。

2018年の出店に向けて昨年まつ作成したクレドを基に
昨年、今年、来年としっかりと組織の在り方を固めていく所存です。

10272615_946593142081764_8552583762626003298_o.jpg

そして、その先、私のビジョンである「帰郷困難者救済プログラム」を基にしたFC展開
「自立自律型人財育成プログラム」を基にした教育制度の2軸で

双方が、らせん状にアップしていくことで「あなたの住む街」の発展に
貢献できるようなお店へと創り上げていきます。

これが2月に開催予定の「まちを良くするインターン」の根底にある考え方です。



長々と書きましたが「新年の計は元旦にあり」

「出逢った全ての人がお互いに感謝できる社会」の実現に向け
2016年もよろしくお願いいたします。

posted by 三代目大将 at 10:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | たまにはマジメに語る三代目。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日 【挨拶】2015年ありがとうございました。

今年もありがとうございました!!
本日の、そして2015年の営業は全店舗終了いたしました。

本当に、たくさんのお客様のご来店、まことにありがとうございました!!!

従業員が帰った田宮店の事務所で、年度最後のブログ更新が毎年恒例。
今年も例年通り、全店舗に御礼の挨拶巡りをし独りパソコンに向かっております。

kurosaki31.jpg

2016tamiya.jpg

2016saita.jpg

2016ekimae.jpg

2015年最終日にして、全店売上が過去最高を記録しました!!
スタッフのみなさん!最後までありがとうございました♪



あとは、このあと新町カウントダウンにて”年越ラーメン早食い競争”
にて、協賛しておりますので、そこでラーメン作りに行くのみです!

一緒に、年を越しましょう!!
新町ボードウォークにて0時30分まで開催していますよ〜!!




振り返れば2015年、本当にぶっちゃけ大変でした。
何が、大変ってまぁイチイチ書きませんが大変でした(笑)

一言で2015年を振り返るなら…「大変」という言葉ですね。

「大」きく「変」わると書いて「大変」

会社として表面的には変わったことはありませんが、内部では様々な変革を行いました。

特に、4月以降、三木マネージャーに就任していただき
彼女の力を借りて意思疎通と伝達をスムーズに行えるよう努めてきました。

三木MGは契約上は”パートのおばさん”ですが予算と権限は実質2です。

彼女のおかげで今年はどれだけ助かったか…。

特に、今年は青年会議所でも室長という役を拝命し、また徳島史上初の事業を
近藤委員長が実行するにあたりそのサポートでお店や会社を開けることがほとんどでした

しかし、三木MGを中心に店長たちがしっかりとアルバイトスタッフたちと
一丸となりお店の営業を守ってくださいました。

結果、前年比102% 増収増益

ちなみに三木MGが就任前は前年比96%でしたので
そこからのV字回復は、起用した私自身も驚いております。

本当にありがとうございました。



また、四半期に一度ペースでの店舗MTGを取り入れたり
その総決算としての「39総会」を実施してみたりと新たな試みも行いました。

12308075_931537026920709_5055927479907628127_o.jpg

11168428_944813622259716_4558902871710159243_o.jpg



唯一、対外的に行った新たな取り組みとしては「インターンシップ」の開催でした。

待ちを良くするインターンシップということで8月と9月に開催。
2016年も2月末に予定しております。

12032169_901262319948180_2996523444247365631_n.jpg




昨日のブログでも書きましたが「変化」というのであれば
私自身の姿勢の「変化」が大きかったように思います。

言い方が妙なんですがクレド創りを通じて「ビジョン」が見えてしまったんです。

1534940_946593148748430_8239578446636316467_o.jpg


将来、自分が進みたい場所、実現したい世の中、手に入れたい世界
が、ハッキリとイメージでき、今の自分に圧倒的に足りないことが分かったんです。

その時、自然と自分自身の変化を受け入れようとする心境が持てたと思います。

変化は怖いです。
今の現状でいることが楽です。

でも、その現状に満足して生活していくことの先にある未来が私には見えませんでした。

だから、未来のために変わることを決めました。



そして、そのキッカケをくれたのが近藤委員長でした。
徳島青年会議所のメンバーでした。

彼に「お前、人間として器、小さいんじゃ」と言うことを決めた瞬間。
あの時、言葉で表すことが難しいのですが何かが変わりました。

そして彼を成功に導くにはどうすればいいのか?
彼の魅力を伝えていくにはどうすればいいのか?
事業を成功に導くにはどうすればいいのか?

を、考え進めていく中で、本当にたくさんのことを学びました。
また、彼からもたくさんのことを学ばせてもらいました。

IMG_0284.JPG

近藤委員長と2105年に一緒に事業することができた。
奇跡のようなタイミングに感謝です。

本当にありがとう!


そして、こんな私を日々支えてくれている嫁と娘に最大の感謝です!!

12059154_10207532855744363_263362271_o.jpg

たくさんの方々に感謝を伝えながら2015年を終え、2016年を迎えたいと思います。

来年の今頃も、1年無事終えることが出来るよう、より一層、真摯な営業を心がけ
たくさんの方々に「幸せ」を届ける活動を進めてまいります。

「お店を通じ、食を通じ、お互いに感謝しあえる関係性が維持できる社会」

の、実現にむけ取り組んでまいりますので、引き続きご愛顧のほど
また、ご指導よろしくお願い申し上げます。

2016年も皆様にとって輝かしい年となること祈念し年末のご挨拶とさせていただいます。

2015年もありがとうございました。
それでは、皆様、良いお年を。

有限会社 三八
代表取締役 岡田元一
続きを読む
posted by 三代目大将 at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | たまにはマジメに語る三代目。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日 子どもの成長は早いなぁ。

2015年も今日と明日を残すのみとなりましたね。

今年も家庭には多大なる迷惑をかけましたが、いちかさんはすくすくと成長しております・笑

やはり母は偉大です!!嫁さんに感謝!!

ichika2015.jpg

最近、強く思うこと、そして前回のほめ育研修でも講師の原さんがおっしゃっていたこと

「子どもの成長率はスサマジイ!!」

いちかが生まれてから、このことは本当に日々実感しています。


昨日までできなかったことが、今日できるレベルじゃなく
数秒前までできなかったことが、次見たらできていることなんてたびたび。

昨年末、ハイハイもお尻が大きいせいかタドタドシかったのに
今では元気に飛び跳ねまわっていますもんね。

泣くことしかできなかったのに、今ではしっかりと意思表示していますし
パパとママの役割を認識して使い分けてますもんね(甘えるのはパパ…女の子って怖い・笑)


でも、思い返せば、自分自身もそんなときがあったんですよね
子ども時代、出来ないことが出来るようになることが楽しくて楽しくて

だから転んでも、失敗しても、傷ついても、出来るようになった瞬間を味わいたくて
何度も何度も挑戦する、挑戦することそのものがワクワクしていた時代。

今のいちかを見ていると、毎日新しいことに挑戦して、毎日新しい発見があって
毎日新しい世界を見ることができている、毎日確実成長していっている。

積み木を積むこと、歌をうたうこと、くるくるまわること、スプーンをつかうこと
コップでジュースを飲むこと、お風呂で身体を洗うこと、絵を描くこと

小さな小さな失敗の積み重ねと、小さな小さな成功の積み重ねが
この1年で、いちかをこんなにも成長させたんだと思います。


さっきも書きましたが、私たちにもそんなときがあったはずなんです。
だから出来るはずなんです、挑戦を楽しむこと、毎日ワクワクすること

そして、毎日成長を続けることが…。


だから出来るんです。
今からでも。


子どもの成長率がスサマジイことに関しての環境的要因で諸説あり
また、私の中でも考察している部分があるのですが

これはまた追々書きたいと思います。

この環境を社内につくりだすことが来年の目標でもあります。




そして、今年と去年で心境的に変わったことがあります。

「過去の自分に勝つ」

気が付いたら、周りと自分を比べることがどうでもよくなっていました。

収入、容姿、企業規模、年商、名声、女の子にモテたい…

どうでもよくなっていました・笑


でも、過去の自分に対してのライバル意識がとても強くなっていました。

「あの時、これだけ拘っていたのに、今はこれだけでいいのか?」
「あの時、あんなに走り回っていたのに、今は手を抜いているんじゃないのか?」

もちろん周りの意見を聞かないや、ニーズを無視するという意味ではありませんので。


その考え方が自然と出来るようになってから

「素直にイイところを見る」

ことが出来るようになったように感じます。
そして抵抗なく「真似」してみようと行動できるようになったと感じます。


2016年は、過去最高の伸び率を叩き出せるよう
子どものときの自分の成長率に勝てるよう頑張ります!!

ある意味、近くでいる最大の目標、先生はいちかかもしれませんね!!

posted by 三代目大将 at 12:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | たまにはマジメに語る三代目。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日 クレド

クレドとは従業員が心がけるべき企業の信条、お客様と果たすべき約束ごと。

1534940_946593148748430_8239578446636316467_o.jpg

10272615_946593142081764_8552583762626003298_o.jpg

10648322_946593135415098_574428448787897050_o.jpg

 三八では今年の4月ころから、12月の39総会で配布し、全従業員の前で私が「三八のクレド」に対しての想いを語ることを想定し、半年以上時間をかけて創り込んできました。中小企業の会社の指針や理念、信条は、社長自身のそれと同じであるとも言えますが今回のクレド作成に当たっては、2回アルバイトスタッフの中から選抜メンバーを組んで、参加してもらいました。

▼クレド研修

11647316_852870308120715_2002986753_n.jpg



10407414_872084079532671_4072347068449232085_n.jpg


 それぞれのアルバイトスタッフが仕事を通じて「大切にしていること」もしっかりと盛り込めたと思っています。

 創り上げる過程で、最も大変だったこと、しかし、もっとも大切だと感じた事は「言語化」でした。自分が考えていること、漠然とした想いをすべて言葉に置き換えていく過程で、私自身のビジョンをキレイに見通すこともできましたし、私自身の生まれてきた意味、命の使い方まで腹の底から実感できるようになりました。 例えば、ミッションで書いている「幸せ」とは「お互いが感謝しあえる関係性を維持していくこと」と定義しています。幸せとは、認めてもらえること、愛されていること、誰かの役に立つことを実感したことから湧き上がる状態だという私自身の考えからこのように定義しました。クレドにあるすべての言葉を、定義してあります。

 出来たから完成、完成したから満足ではなく、このクレドを基に、日々の営業、一人ひとりのお客さま、従業員のみんな、地域の皆さん、取引業者の皆様に「幸せ」を届けることができるよう私自身、行動指針を取り組んでまいります!! ご指導いただきました(株)わくわくアップ代表 上林達矢 様 ありがとうございました!!
posted by 三代目大将 at 07:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | たまにはマジメに語る三代目。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月12日 伝える。伝わる。

「どう伝えたか」ではなく「どう伝わった」がコミュニケーションとなる。

先日の社員研修でも話題となり、書籍なんかでもよく見かけますが
言うことは簡単で、実行となるとなかなか難しい。

お店で、麺入れ担当スタッフに次に入れて欲しい麺の数を伝えることでも
会社の理念や方針を世の中に伝えていくことでも

基本は同じだと思う。

コミュニケーションが目的ではなく手段である以上
やはり受けてのことを考え、立場に立って伝えていく必要があると思う。


一番、このことを痛感したのが、JCで委員長をしたときです。

メンバーたちに必死になって伝えた”つもり”でも、全く伝わらない。

今だから書けますが「こいつら理解する気ないや!頭悪いんちゃうか!!」
なんて内心で思っていたくらいですから(笑)

でも、頭悪いのは自分で、理解してもらうためにキチンと説明できてないのも自分。
そんな単純なことに、30年近く気づかないで生きてきたことが、衝撃だったのを覚えています。

伝たわるように伝えることはリーダーとして重要な責任ですから。


店内でも、ベトナム人の留学生には彼が最も分かりやすい伝え方を心がけていますし
今度、三八の日イベントで大々的に広告を出すつもりですが、それに関しても

「来店していただき、満足して帰ってもらい、最終的に一生三八のファンになってもらう」

来て、食べて、ファンになる。

と、言う目的を達成するための、まず「来て」の部分でどんな伝え方が良いのか?
を、最近ずっと話し合っていたので、コミュニケーションってなんだろうと思い立ち

今日は早朝より真面目に書いてみました(笑)

三八の日!お楽しみに!!


********************************************************
三八で一緒に働いてみませんか?

履歴書不要!バイトデヴューにもおススメ!
茶髪OK!オシャレにもラーメンにも接客にも手を抜かない!

一生ものの経験を三八で♪

アルバイト募集情報
powered by ジョブセンス


********************************************************
posted by 三代目大将 at 05:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | たまにはマジメに語る三代目。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月12日 2015成人の日。

今日は成人の日ですね。

私が20歳のときは2000年でしたので、もう15年もたつことに改めて驚いていますぴかぴか(新しい)

はい、来月には35歳を迎えます。

私の場合、当時は、まだ1月15日に成人式を行っており
後期テスト期間真っ只中での帰郷だったと思います。

翌朝早い時間のバスで大阪に帰ってテストを受ける。

そんな感じだったと記憶しております。


二十歳の自分は「何でも出来る、どんな可能性でも秘めている」と万能感に浸っておりました。

ま、今でも控えめながら思っていることは思っているんですけど(笑)

当時、本当に世の中を甘く見ていたように思いますし
実際、そんな態度や行いだったんだろうと思います。


「徳島?そんな田舎臭いところに帰るわけないでしょ!鳴門なんてたまに行くからイイです!」

本気で、そう思っておりましたので。。。

その後、社会に出て、両親を始め、色々な人に迷惑もかけたし、傷つけたし、
色々な人に、お世話になりながら、支えられていることを実感し、恩義を感じ
今現在後を継いで地元徳島で会社経営をしえいるわけですね。

たぶん、今の二十歳のこたちも、これから気づいていくんでしょうね。

たくさんの「ありがとう」と、たくさんの「ごめんなさい」が
自分自身の周りに溢れていることに。

人に言われたって、気づきやしないし、気づいたとしても形だけ
自分の腹の底から、魂が感じる感謝。


とにかく、今年、二十歳を迎えられた皆様におきましては

どんな小さなことにも責任感をもって取り組んでください。
そして「ごめんなさい」と「ありがとう」をいつも感じてください。

それを続けてください。


当たり前の言葉ですが、テクニックや処世術なんかより
これを貫き通す方が大事ですし何倍も難しいことです。


仕事を例にすれば、どんな小さなことにも責任感と誇りを持って
取り組めない人には絶対に大きな仕事は巡ってきませんぜ!!

どんな小さなことに対しても、感謝を感じることの出来ない人
どんな小さなことでも「ごめんなさい」を言えない人も
誰からも信頼を得ることは出来ませんぜ!!


最後にありがたいお言葉を贈りますぴかぴか(新しい)


人間は一生のうち逢うべき人には必ず逢える
しかも一瞬早過ぎず、一瞬遅すぎない時に

人との出逢い、またものごととの出会いも必然
しかし、ただ待っていたのでは出逢えるものにも出逢えない
人は一人でできることは限られている
だから、人の力を借りる
自分ができないことを素直に認め
人の力を借りようとしたときにまた、新しい出逢いがある

そして、人に起こる事故もおこるべくして起こる
今までの自分ならば、あたふたしてしまうかもしれないが
今の自分なら対応できる力がついたとき
その事故が起こる

わが身にふりかかることはすべて天意なり




人は人との関係性によって生かしていただいている。
最近、”ご縁”の力をよ強く感じます。

誰かの為に力になりたいし、誰かの為の力でありたい。

キラキラ輝ける人材を世に排出していくため、私自身も己を磨き続けます。
輝ける未来の為に、我々おっちゃんたちも背中で語れるように頑張って参ります!!

posted by 三代目大将 at 16:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | たまにはマジメに語る三代目。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日 【謹賀新年】今年の抱負。

あけましておめでとうございます!!

本年も、よろしくお願いいたします!!

お店の営業は3日からですが、今日も明日も私はちょこちょことお店に出てきて
3日からの営業スタートに向けてお仕事です♪

DSC_6997.jpg

毎年1月1日に、その年のテーマを宣言してますが
2015年のテーマは「分かち合う」です。

今の自分にとって一番足りていないことをテーマとしました。

これは成果(金)だけではなく、例えばセミナーで得た知識や、JCなど社外活動で得た経験
または、社内での人的資源もそうですし、喜びや思い出といったものもそうです。

これまでの自分は、スバラシイ経験をさせてもらたり、とっても為になる話を聞いてきても
自分の中だけで「ふむふむ」と消化するだけでした。

実にもったいないことをしていたと思います。

そこで、その試みとして、学生アルバイト、特に新人アルバイトを対象とした
「塾」(と、言っても時給出ます・笑)を創設します。

名は「未来塾(仮)」

目的は「世界にHAPPYを与える人財の育成」です。

田宮店開店から10年を迎える今年ついに!というか、いよいよというか
2000年生まれ世代の子がアルバイトとして入ってきます。

平成生まれを面接したときに「俺も歳とったなぁ」なんて思っていたのに
2000年生まれですから、そりゃ今年で35歳にもなりますよね。。。

話はそれましたが、10年、サラリーマン時代、大学時代から数えれば
17年間、飲食業界でやってきて感じるのは「人」が「人」に与える影響力。

プラスもマイナスもどっちに進むも「人」との接し方で大きく人生が変わります。

大げさなことを言いますが、日本をより豊かな社会にしていこうと思えば
教育を変えていかないとあかんよなぁ〜と、漠然と考えていました。

飲食業を通じて、社会にとってプラスになる人財を送り出すことが出来れば
三八が、その部分を超微力ながら担っていくのは「アリ」やと思ったしだいです。

ラーメン屋が「塾」??何て言われるかもしれませんが
ラーメン屋が「新聞」を発行し続けて丸8年ですからね!!!

ちなみに今日は三八新聞創刊日です〜9年目に突入ですから!!
8年間、毎月途切れることなく出し続けてますからね!!

と、オオシマ編集長を称えつ、三八新聞引き続きよろしくお願いします!!

またまた、話がそれましたが、そういうことです。


巷で言われているように、人的な「質」の低下は確かにあるのかもしれません。
そして、残念ながら飲食業、さらにラーメン屋は、もっとも人気が無い職業なのかもしれません。

しかし、今いるスタッフ達を見ても、私は「質」が低下したのだとは思いません。
むしろ「質」的には、私が高校生や大学生の時よりも高くなっていると感じます。
ただ、「考え方を知らない」のだと思います。

素直なイイ子ばかりです。
邪心の塊だった私とはエライ違いです・笑

人はそれぞれ自分の人生の経営者です、自分達の未来を自分達で考えることが出来るようになる
そんな、初めて仕事をする人が、この先、仕事をすることが楽しくて仕方ないように

また、シュウカツなど「三八で働いていました!」と、言えば面接官が「それなら採用!!」
って即決できるくらいまでなれば、この取り組みが成功したと言えるように思います。

長々と書きましたが「新年の計は元旦にあり」
2015年もよろしくお願いいたします。
posted by 三代目大将 at 11:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | たまにはマジメに語る三代目。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日 2014年もありがとうございました。

今年もありがとうございました!!
本日の、そして2014年の営業は全店舗終了いたしました。

本当に、たくさんのお客様のご来店、まことにありがとうございました!!!



従業員が帰った田宮店の事務所で、年度最後のブログ更新が毎年恒例。
今年も例年通り、全店舗に御礼の挨拶巡りをし独りパソコンに向かっております。

2015tamiyab.jpg

2015saitab.jpg


2015kurosakib.jpg

2015ekimaeb.jpg

スタッフのみなさん!最後までありがとうございました♪

あとは、このあとカウントダウンに出店しておりますので、年越しまでラーメン販売します!!

一緒に、年を越しましょう!!
新町ボードウォークにて0時30分まで開催していますよ〜!!

振り返れば2014年、本当にぶっちゃけ大変でした。
何が、大変ってまぁイチイチ書きませんが大変でした(笑)


そんな中で、周りの方々からよく耳に聞こえてきた言葉は

「攻め」

と、いう言葉でした。


実は、私としては、今年行ったことの全てが「守り」を
出発点として考えた結果なんですよね。

1月には鳴門のスープキッチン、鳴門事務所の開設
3月には短期間でしたが東京での初イベント出店
4月にはタッチパネル式新型券売機の導入
5月には大幅なメニュー改定
9月から11月には駅前店の閉店と、三八製麵所としてのリニューアルオープン

などなど。

結果として現れている事象は確かに「攻め」ているように見えますが
私自身、そんなに攻めたくないんです・笑

店舗拡大など、よくお声かけもしていただいた年でしたが
そんなに拡大したくないんです・笑

もう、言うてることグチャグチャですね(汗


この1年、色々なことの中で、常に自分に問いかけ続けて分かったことですが
大切な人たちの生活や未来を「守る」ために「攻め」ているということ。

「変えてはならないもののために変わる」という感覚が近いかもしれません。

”攻撃は最大の防御”などとよく言われますが
この意味が、初めて肌で理解できたというか、腹に落ちたというか

そんな感覚です。
言葉じゃ難しいんですが…。

スープキッチンを開設したのも、つけ麺屋をはじめたのも
そもそもの考えのスタートとしては「守り」の部分が大きいんです。

新たにお店も出店したなぁとも思っていますがこれも「守り」の考えがスタートです。

本当に、この1年「私は何のために仕事をしているのか?」を、問い続けて1年でした。

考え方は人それぞれで、良い悪いは無いと思うのですが
自分はイケイケどんどんの性分ではないと言うことです(><)

面白みの無いオトコかもしれませんね・笑


たぶん、3月15日に娘が生まれたことが大きいんだと思います。
彼女が、そんな自分を気づかせてくれたんだと思います。

何度、彼女に生まれてきてくれた「ありがとう」って言うたことか^^


また、厳しい中で支えてくれたスタッフ達に何も出来なかった自分…。

来年は、そんな支えてくれている大切な方々に少しでも”お返し”出来ることが
私が頑張る、1年を通じての1番の目的です。

家族もそう、スタッフもそう、お客様もそう、友達もそう、地域の方々もそう


来年の今頃も、1年無事終えることが出来るよう、より一層、真摯な営業を心がけ
少しでも皆様のHAPPYを「守る」ことが出来るよう会社であり、人物たるよう「攻め」続けます!!

2014年もありがとうございました。
それでは、皆様、良いお年を。
posted by 三代目大将 at 19:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | たまにはマジメに語る三代目。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月12日 【めんどくさい仕事術】考え方を教える。

「考える力」を養う。

最近、現場でスタッフの育成にあたって思うことです。

やり方だけを教えても、なかなか身には付かないもので
その、表面的に現れた「やり方」にフォーカスするのではなく

「なぜそれを行わないとならないのか?」と、言う考え方に
フォーカスした接し方をしようと心がけています。


例えば、こんなことがありました。

入ったばかりの高校生の新人アルバイトちゃん。

閉店時間になってしばらくしてからお客様がまだ食事しているにも
関わらず客席のカーテンを閉めちゃいました。

おいおい!!な、出来事ですが、当の本人は全く悪気が無いんです。
だって21時閉店で、そこから閉店業務を行って、カーテンを閉めた

に、すぎないわけですからね。

本人からしたら、言われているとおり、教わったとおりに
時間がきたからカーテンを閉めた。

ここで、問題なのは、いつもと違い閉店から30分近く過ぎてお客様が居たこと。
にも、関わらず…と、言うところなんですが

「俺、すごく残念な気持ちだよ〜お客さんが居るのに、残念なことしちゃったね」

「何だと思う?」

って、といけかけて返ってきた答えは全くまとはずれな回答(汗

彼女は、分からないんです。

でも、ここで「お客さんが居るから帰ってからカーテン閉めてね。」
と、言う教え方だと、その時は「はい!分かりました!」と言うものの

恐らく、また同じことをしてしまうことが多々ありますし
他の閉店業務、例えばお金の回収や、酷い場合だと床掃きとかはじめちゃう。

だって、カーテンは閉めちゃダメと”しか”言われてないから。

そんなバカな!!!と、思う方が大半だと思いますが
現実の課題としてこのようなことがけっこう起こっています。

あまり「いまどきの」と、言う言葉は好きではないし
自分が15、16歳の当時のことを思えば当然な部分もあるけれど

圧倒的に不足しているのは「もし自分がお客さんだったら」と言う考え方だと思います。

だから

「もし、自分が、家族や彼氏と食べに行って、それが記念日とか大切な日だとして
 店員さんが、カーテン閉め始めたらどう思う?なんか残念じゃない?」

「この日のために頑張ってお金を貯めて、お店を選んで、足を運んで
 最後の最後に、残念なキモチにならない?」

と、聞くと「確かにそうですね…」と。

我々はお店を効率よくまわすのも、閉店業務をキレイに行うのも
美味しいラーメンを作るのも、笑顔で接客するのも
どんぶりを温めるのも、しっかりと湯きるするのも
元気よく挨拶するのも、利益をあげるのも

全てはお客さんに満足して帰っていただくため。

この部分を軸として考えれば、やっていいこと、やってはいけないことが分かると思うんです。

彼女も、本当に真面目で、作業もしっかりとこなしますし、素直でとってもいい子。

「考え方」もっと言えば「考え方の軸」を知らないだけなんですね。

もしかしたら、昔だとその辺りの感覚は
家庭や学校なんかで教えてくれてたのかも知れません。

だからと言って「最近の子は〜」なんて嘆いてみても
お客さんに満足して帰っていただくことは出来ませんもんね。

我々が、そこを仕事を通じで気づいてもらえるように
「考え方」を身につけることが出来るように導いてあげればいいだけです。

言うのは簡単ですが、めちゃくちゃ時間かかるし面倒ですけどね。
簡単にいかないからこそ、面白いわけですしね。


彼女は

「なるほど、お客さんのつもりで考える!客観的に見るということですね!!」

と、言うてくれました。

ただ、属人的な部分があるので、会社としてお客さんにどうなって欲しいか?を
しっかり繰り返し繰り返し、伝え続けていく必要はあります。

そして「軸」こそが理念であり、会社としての存在意義であると考えています。


そして、理念を目指し、1つ1つの行動をしていくことで、スタッフ達も、お客さんも
そして世界中がHAPPYで溢れていくようになるために会社を運営してことが
「経営」なんだろうな〜って思います。

彼女が三八を卒業するときに、どれだけ成長できているのか!?
今からとっても楽しみです♪
posted by 三代目大将 at 15:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | たまにはマジメに語る三代目。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月04日 経営理念

昨日のブログで話したように、動画を公開いたします!!

半年間に及ぶビジョナリー経営創造研修において
我々、三八チームが生み出した、我々の在り方です。

100年在り続けるお店を目指す意味がココにあります。

ホンマにオオシマ編集長はじめ、社員のみんなもよく頑張ったと思います!

毎月毎月、高松まで休日に通い、うどんを食べ、コーヒーを飲むコース。

ほれに、アルバイトのみんなにも、インタヴューに応えてくれたり
写真も撮らせてもらったりと協力に感謝!!



『経営理念』言葉にすると安っぽいかもしれない。
キレイごとに聞こえるかもしれない。

しかし、このストーリーは、日々、現場で汗を流す
スタッフ全員、一人ひとりの「想い」から溢れ出た
血の通ったものだと確信しています。

言葉の1つ1つに、我々の”想い”や”働く意味”が込められています。

言葉を選び、削ぎ落として、洗練し、また選び直し…気の遠くなりそうな過程。
写真も何百枚と撮影。

1つの作品を、皆で生み出す過程に今回の研修の一番の価値を感じました。

この動画はあくまで1つのカタチ。

ここがゴールではなく、ここからが本当の100年後に在る「三八」としてのスタートです!
posted by 三代目大将 at 11:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | たまにはマジメに語る三代目。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日 ゴメンなさいとアリガトウはワンセット。

最近、帰宅が遅くなることが多いです。

嫁さんも娘も寝ちゃって独りの食卓も。

10349211_730910573650023_6495079823059641795_n.jpg

でも、とっても温かくてホッコリ。

こうやって御飯を作ってくれていること、、、
部屋を暖めてくれていること、、、
洗濯が出来ていること、、、

いろんなところに家族からの温かい想いを感じることができる家。

してくれない、やってくれない言うのは簡単

そうじゃなくて、、、

してくれている事に目を向けたとき生まれる感謝。


感謝とは、謝りを感じること。

ゴメンなさいとありがとうはワンセット。


ゴメンなさいを感じられない人に、本当のありがとうは伝えられない。


この1カ月くらいは朝から晩までガッツリ現場に入っていて
6時には家を出て帰りは日付変わるあたり。

しかも、この状態がいつまで続くのかは未定。

毎日、お店の仕込みから閉店の掃除まで
そして間に社外活動をやるのが専ら。

何年ぶりかのこんな生活で身体は至る所が痛い…。

田宮店をオープンした25歳から、かなり体力落ちたことをヒシヒシと感じるこの頃
少しでも、ありがとうを形にして返していくために頑張るぞ!!

しかし…毎晩、この時間の晩酌は太るよなぁ…。
posted by 三代目大将 at 15:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | たまにはマジメに語る三代目。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月31日 感謝!!祝9周年!

早いもので、昨日の8月30日をもちまして
三八田宮店が開店から丸9年になりました!!

いよいよ10年目に突入です。
当時、25歳だった私が、年明けには35歳ですもんね・笑

在り来たりですが、これもお客様や取引業者様、スタッフの皆様のお陰です。

これまでも色々とあったし、これからも色々とあるのでしょうが
また1年、無事営業を続けることが出来て良かったなと感じます。

そして来るべき10周年を笑顔で迎えたいと思います。

実は、今朝、大家さんからお花が届くまで、すっかりと忘れておりました…
「祝9周年」という文字を見たとき、思わず涙が出そうになりました。

10603501_688652911209123_8378038850063203534_n.jpg

1年無事に営業できたことへの安堵、描いたように進まない歯がゆさ、ここまでやってきた自負
開店記念日を忘れてしまうくらい追い詰められている自分の未熟さに対する悔しさ

自分の至らなさで迷惑をかけたり、辞めていってしまったスタッフ達への申し訳なさ
9年間支えてくださっている周囲の人たちへの感謝…

とにかく言葉では語りつくせない想いが沸いてきました。

言えることは「ありがとう」ただそれだけです。まだまだ、


私自身至らぬ点ばかりでございますし、未熟だなと感じることばかりです。
自分自身の未熟さが、私の大切な人たちに迷惑をかけてしまっていることも痛感しております。

そんな私や会社、三八に対して頂いたご恩を少しでもお返しできるよう
精進してまいりますので今後ともよろしくお願いいたします。
posted by 三代目大将 at 18:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | たまにはマジメに語る三代目。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする